ラブラドール・レトリーバーのミミチャン、いよいよ思春期に!

文と写真:藤田りか子

ヤンチャ盛りのピーク!ミミチャン。

アシカの子犬であるミミチャンも、今や子犬と呼ぶには少々デカくなり始めている。体重は20kg。8ヶ月齢のジュニア期に突入するところである。8ヶ月といえば!そう、思春期が訪れる頃。別名「反抗期」。アシカに関しては反抗期を感じたことはほぼなく(「思春期の反抗期がない犬」を参考に!)、こんな犬が世に存在するんだ!と感動したし、おかげでずいぶん楽もさせてもらったものだ。が、さてミミチャンはいかに…!?

いやはや、彼女には思春期と思しき兆候が、確実にあちこちに見え始めているのだ。今のところ飼い主でなければ見つけることができないほどビミョーな行動変化である。だがこのような変化を見逃さず、それに対処する、あるいは伸ばしてあげる、というのも大事なことだ。彼女に観察できたこのところの変化について、以下に紹介しよう。

https://inuiwaku.net/?p=17028

自分で走り回る範囲が広がるようになった

我が家のまわりの森を散歩をするとき、アシカとミミチャンに関しては基本

【こちらは有料記事です】

続きを読むには「ログイン」して下さい。

ご購読いただくと続きをご覧いただけます。

今すぐ会員登録して続きを読む