病気・遺伝病・繁殖一覧

ノーリッチ・テリアとブルドッグ2犬種に見られる呼吸問題に影響する遺伝子変異が発見される

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 短頭種はマズルが短く頭部全体が丸いという特徴的な外見を持ちますが、それゆえに、気道閉鎖症候群(brachycephalic…【続きを読む】

望まれるヘアレスも望まれないヘアレスも遺伝子が決めている

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 ヘアレスと被毛ありのディアハウンドたち。 さまざまな見た目の特徴を持つ犬種が存在する中、ヘアレスであることが犬種の特徴とさ…【続きを読む】

聴覚や視覚に障がいを抱える犬に特徴的な行動とは?

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 遺伝的な原因により生まれつき聴覚や視覚に障がいを抱えている犬がいることは、みなさんもよくご存じと思います。聴覚や視覚の問題は、…【続きを読む】

スクリューテールと脊椎異常、人の遺伝性疾患との関連性

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 犬はさまざまな姿かたちを持つ生物です。犬種によっておおきく異なる外見は、遺伝子の突然変異によって引き起こされた見た目の変化…【続きを読む】

ダックスの椎間板ヘルニア~不妊化手術と病気発症リスクとの関係

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 強い痛みを伴う病気、椎間板ヘルニア。ヘルニアの起こる場所によっては麻痺症状があらわれることもあり、運動失調をおこしたり…【続きを読む】

犬の寿命とテロメア

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 愛犬に元気に長生きして欲しいと願うのは犬と暮らす人の常。しかし加齢とともに細胞は刻一刻と老化していきます。『テロメア』と呼ばれる、染色…【続きを読む】

ホワイト・ドーベルマンとアルビノ犬研究

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 日の光にたいして眩しそうに目を細めるホワイト・ドーベルマン。 生物が生きていく上で大切な情報が刻まれている DNA は、さま…【続きを読む】

脂肪腫になりやすい犬のタイプは?

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 歳をとった犬に現れることの多い、脂肪腫(リポーマ)。 脂肪腫とは脂肪細胞が過剰に増殖してつくられる組織塊で、皮膚の表面(…【続きを読む】

レア犬種のブリーダー探し、ここに気をつけたい

藤田りか子藤田りか子

文と写真:藤田りか子 こんな見たこともない犬種が欲しい!となるとブリーダーを探さなければならないのだが、その際にブリーダーの質をチェックする…【続きを読む】

ハスキーのブルーアイ、遺伝子背景解明へ

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 青い目を持つ犬種の代表格ともいえる、シベリアン・ハスキー。これまで犬のブルーアイは特定の毛色とリンクしてあらわれること…【続きを読む】

雑種は健康は過去の話?大規模遺伝子解析により明らかにされた遺伝病発症リスクの現状

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 “雑種の犬は病気になりにくい、純血種の犬は体が弱い” 犬に対するこのような印象は世界中で持たれてきているものです…【続きを読む】

純血種の犬の方が雑種犬よりも遺伝病にかかりやすいのは本当か?

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 純血種の犬は、同一犬種内での繁殖が繰り返されているために遺伝子プールが狭くなり、遺伝病が蔓延しやすいという認識があると思います…【続きを読む】

遺伝性ではない心血管疾患の発症リスクは、夏生まれの犬で高くなる

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 病気の原因は100%遺伝のものもあれば、100%環境によるものもあります。しかしたいていの病気は遺伝と環境両方の影響を…【続きを読む】

コールド・テール症候群とその予防と対策

藤田りか子藤田りか子

文と写真 藤田りか子我々家族だけが知っている秘密の湖畔というものがある。アクセスが少々難しいので、私たち以外にはおそらく地主ぐらいしかそこを知らな…【続きを読む】

愛犬の尻尾、たまに振れなくなることはありませんか?

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 尻尾がだらりと垂れ下がり、痛みがあるため犬が自ら尻尾を思うように動かせなくなってしまう状態になることがあります。通常は2、3日…【続きを読む】