病気・遺伝病・繁殖

雑種犬の不妊化手術、大きくなる犬ほど時期に注意

文:尾形聡子 前回の記事「アメリカから、病気リスクを回避するための犬種別不妊化手術適齢期ガイドライン」に続き、新たに雑種犬を対象とした不…【続きを読む】

アメリカから、病気リスクを回避するための犬種別不妊化手術適齢期ガイドライン

文:尾形聡子 なぜ、犬に不妊化手術を行うのでしょう? 動物愛護的な観点からすれば、大きな目的は犬の個体数の管理にあると思います。一…【続きを読む】

毛色をブルーやイザベラに希釈する遺伝子、3つ目のバリアントが見つかる

文:尾形聡子 犬の毛色やパターンはとてもバラエティに富んでいて、私たちの目を大いに楽しませてくれるものです。そんな毛色を作り…【続きを読む】

犬に成長痛はない

文:藤田りか子 え、今なんて言った? バーニーズ・マウンテンドッグの若犬。 「単なる成長痛です」というアドバイス 「2ヶ月前に7…【続きを読む】

犬の歯磨きはやっぱりやろう! – スウェーデンの報告から

文と写真:藤田りか子 犬の入院理由及び手術理由のトップは歯周病である(アニコム家庭どうぶつ白書2019)。歯周病の予防に歯磨きはかかせないケ…【続きを読む】

エアデール・テリアの新生児に発症する謎の肺炎、原因が解明される

文:尾形聡子 犬において犬種特異的に発症する遺伝病が多いのは、人為選択による繁殖と犬種の特性(スタンダード)維持のために個体間での遺伝子…【続きを読む】

犬の食物アレルギーとエリミネーション・ダイエット

文:藤田りか子 食物アレルギーを持つ犬は決して少なくない。筆者の住むスウェーデンでは飼い犬のおよそ10%が食物アレルギーを含むなんらかの過敏…【続きを読む】

分離不安の根本原因に迫る最新研究〜欲求不満の4タイプ

文:尾形聡子 飼い主にとって問題となる犬の行動のひとつ、分離不安。飼い主と離れ離れになっているときに、ひたすら吠えたり物を壊したり、不適…【続きを読む】

股関節形成不全発症にかかわるあらたな遺伝子座が判明

文:尾形聡子 股関節形成不全は数多くの犬種に発症する病気のひとつ。藤田りか子さんが愛犬アシカの股関節検査を受けたときのことをブログに記し…【続きを読む】

スポーツドッグにフィジオセラピーのすすめ

文と写真:藤田りか子 アシカ、筋肉ムキムキ女子に育った。スポーツをする上ではよく発達した筋肉はかかせないのだが、そのメインテナンスも大事だと…【続きを読む】

犬とコロナウィルス スウェーデンの国立獣医学研究所による見解

文:藤田りか子 Photo by Zach Stern & Rikako Fujita 3週間前に日本からスウェーデンに帰って…【続きを読む】

早すぎる時期は悪影響?不妊化手術と行動の関係

文:尾形聡子 不妊化手術は日本の家庭犬においては慣習ともなっていますが、主な目的は犬の個体数管理にあります。望まれない犬を増やすことのな…【続きを読む】

自分の尻尾を追いかけてグルグル。笑って見ている場合ではないかも?

文:尾形聡子 【photo from PLoS one】 犬が自分の尻尾を追ってくるくると回り続けるのを、皆さんは見たことがありますか? …【続きを読む】

麻酔のときには要注意!グレーハウンドだけじゃない、麻酔から覚めにくい遺伝子変異を持つ犬種

文:尾形聡子 一生麻酔をかけずに済むならば。しかし、飼い主の意に反して多くの犬は生涯一度は全身麻酔をかけて何らかの処置をすることがあると…【続きを読む】

するかしないか、するならいつか?不妊化手術と病気の関係

文:尾形聡子 いまや日本では、家庭犬に不妊化手術をするのは珍しいことではなくなっています。不妊化手術は個体数の管理をする上で有効な手段の…【続きを読む】