世界の犬事情一覧

日本人は犬の「辛い表情」を理解できない?

藤田りか子藤田りか子

文:藤田りか子 先進国にしては弱いアニマル・ウェルフェア意識 日本のアニマル・ウェルフェアが先進国にしては遅れをとっている、というのは多くの人…【続きを読む】

マルタの旅 (2) – 波止場のガンドッグとマルチーズテリア

藤田りか子藤田りか子

文と写真:藤田りか子 マルタ島の通り、海岸や漁村では、多くのガンドッグたちに会った。狩猟に使われているのは、ファラオハウンドではなく、これらイギリス系の…【続きを読む】

犬を殺すオオカミ – 厳しい野生と現実、北欧から

藤田りか子藤田りか子

文:藤田りか子 北欧のスカンディナビア半島にはおよそ380頭のオオカミが生息する。 スウェーデンのオオカミは害獣として駆除され1960…【続きを読む】

マルタの旅 (1) – 姿なきファラオハウンド

藤田りか子藤田りか子

文と写真:藤田りか子 ドッグショーでファラオハウンドは注目の犬。こんな姿をいつも目にしているので当然あこがれは募り、原産国マルタへと赴いたのだが…【続きを読む】

犬は美しい自然の一部:スウェーデンの保護犬シェルターを訪れて

金森万里子金森万里子

文と写真:金森万里子 スウェーデンのドッグシェルターで見た、Heroという保護犬のストーリーが書かれたポスター(写真下)です。使われている写…【続きを読む】

外国出身の保護犬はちょっと… – これもスウェーデンの犬事情 –

藤田りか子藤田りか子

文:藤田りか子 譲渡先が北欧の国に決まったあるルーマニアの保護犬。 北欧では外国から保護犬を受け入れる人が少なくない。野犬はゼロだし犬を野山に…【続きを読む】

2020年の干支 – ネズミにちなんだ犬の話

藤田りか子藤田りか子

文:藤田りか子 あけましておめでとうございます! さて、十二支最初の動物である子(ねずみ)年の2020年。年の初めの恒例、十二支にちな…【続きを読む】

マッチングサイト恋愛最前線!男と女の間の「ペットという潤滑油」

藤田りか子藤田りか子

文と写真と図:藤田りか子 マッチングサイトに並べられたプロフィール。ややもするとみな同じようなことばかり書かれているし、ピン!とくるものがあ…【続きを読む】

ブリーダー曰く「こんな人には子犬を売りたくない」

藤田りか子藤田りか子

文:藤田りか子 少し前の話になるのだが、スウェーデンの優秀なブリーダーをいろいろな犬種にわたってずっと取材し続けていたことがあった。その中で…【続きを読む】

スウェーデンの犬の管理法とノーリードの解釈

藤田りか子藤田りか子

文と写真:藤田りか子 スウェーデンは公共における動物の管理についてはかなり厳しい。ヨーロッパでもほとんど唯一、レストランに動物を連れ込むことができな…【続きを読む】

犬の股関節形成不全症 根絶への各国の取り組み (2)

アルシャー京子アルシャー京子

文と写真:アルシャー京子 誰しも疾患を持った犬を飼いたいと思うものなどいないはずだ。あらかじめ疾患を持っている犬の里親募集などでない限り、こ…【続きを読む】

犬の股関節形成不全症 根絶への各国の取り組み (1)

アルシャー京子アルシャー京子

文と写真:アルシャー京子 股関節形成不全が発症しやすい犬種、ラブラドールとゴールデンのレトリーバー系。 犬を飼っている人なら一度は聞い…【続きを読む】

発情期のメス犬はお家に引っ込んでいてください、と?

藤田りか子藤田りか子

文と写真:藤田りか子 海外へ移住をしてかれこれ30年ぐらいになるのだが、こうなると故郷の国ながら、日本の犬事情については、もはや知らないこと…【続きを読む】

愛護、ウェルフェア、飼い主マナーにエチケット、白黒つけられぬこの曖昧なもの

アバターinuiwaku

文:犬曰く編集部 【Photo by Frank-3】 犬曰く座談会スペシャルをどうぞ! 犬曰く編集部の我々はある本に出会った。アメリカのウェス…【続きを読む】

ミックスを作る猟犬の世界 -ラブラドゥードル的ブリーディングの原点

藤田りか子藤田りか子

文と写真:藤田りか子 イノシシ猟に集まった犬たち。4匹がすべて異なった犬であることに注目。手前左の黒い犬は、ヴァクテルとノルウェージャン・エルクハウ…【続きを読む】