愛犬にもっと楽観的になってほしい?ならばノーズワークを!

文:尾形聡子 写真:藤田りか子

【Photo by Rikako Fujita】

犬曰くファンの皆さんにはすでにお馴染みのドッグスポーツ、ノーズワーク。藤田りか子さんの数々のノーズワーク記事を読んで愛犬とノーズワークを始めた方も大勢いらっしゃることでしょう。ノーズワークは犬の “においを嗅いで何かを探す本能” を大いにかきたて、発見したときの喜びはまさに「エウレカ!効果」をもたらすものであるのはすでにご紹介してきていることです。

犬がノーズワークを通じて得られるこのような体感を科学的に実証した研究が『Applied Animal Behaviour Science』に発表されています。研究を行ったのは犬のにおい研究で有名なアレクサンドラ・ホロウィッツ博士(アメリカ、コロンビア大学バーナード・カレッジ)とフランスの犬の行動学研究所EthodogのCharlotte Duranton博士です。

ホロウィッツ博士の研究はこれまで『犬は匂いで自己認識~視覚ではなく嗅覚で』や『匂い時計を持つ犬』にて紹介していますが、なんといっても彼女の著書『犬から見た世界』が出版されたことで、犬のにおいの世界というものが広く知られるようになりました。そして昨年、日本語で翻訳出版された『犬であるとはどういうことか』の中ではノーズワークについても述べられています。

個体の行動と意思決定に影響する「認知バイアステスト」

それでは最近発表された研究について紹介していきましょう。研究では言語ベースで人にも使われている「認知バイアステスト」が行われました。認知バイアスとは社会心理学や認知心理学において、無意識的に生じる認知の偏りを表す概念になります(以下サイト参照)。

認知バイアスとは?種類と身近な例、修正方法を解説
認知バイアス(社会的認知のバイアス)の心理学的な意味、認知バイアスが生じる原因、認知バイアスの主な種類と身近な例、公認心理師試験の出題歴について解説しています。

動物での認知バイアステストでは、まず、異なる2つの刺激となる肯定的な刺激と否定的な刺激が区別できるようトレーニングが行われます。その後、2つの刺激のどちらともいえないような「あいまいな刺激」を動物に与えます。そして、そのあいまいな刺激に対して、動物が肯定的な刺激のときと同様にふるまうか、あるいは否定的な刺激のときのようにふるまうかどうかを観察するものです。これまでの犬の認知バイアステスト研究についてくわしくは、こちらの記事をご覧ください。

愛犬は楽観的?それとも悲観的?思考傾向を知るための認知バイアステスト
文:尾形聡子 もし犬が何事においても楽観的に捉えているのであれば、それだけで犬生楽しいものになると思いませんか?ただし犬は楽観的に事象を捉え…【続きを読む】

人と同じように犬も、ある事象に対して肯定的または否定的な見方をする傾向があります。その傾向は犬の精神状態の多くの側面に影響を与えることになるのもまた、人と同様です。研究者らは嗅覚に基づく活動、すなわちノーズワークが、このような犬の感情状態をあらわす指標となる認知バイアステストにどのように影響を及ぼすかを調べました。

ノーズワークとヒールワーク(ツケ)のグループに分けて比較してみると

参加したのはさまざまな犬種、1歳以上の20頭の家庭犬。犬たちは最初、認知バイアステストをするためのトレーニングを受けました。テストに使用した刺激は「オヤツが入っているボウル」と「オヤツが入っていないボウル」のふたつ。犬と飼い主のいる場所から3メートル先、左右に2メートルの距離をあけてそれぞれのボウルを置きます。オヤツのあるなしは左右で固定するようにして、どちらに行けばオヤツが入っているかを犬に認識させるというものです。

すべての犬がそれを認識したあと、犬はランダムに10頭ずつのグループに分けられました。そして今度はそれまで置いていた左右のボウルの中間地点にひとつだけボウルを置き(これが、あいまいな刺激となります)、そのボウルに犬がたどり着くまでの時間が計測されました。このテストでは、2つに分けたグループ間に「あいまいな場所にあるバケツ」にたどり着くまでの時間の違いは見られませんでした。

そして2週間、各グループの犬たちは毎日ノーズワークまたはヒールワークのトレーニングのプログラムを飼い主と一緒に行いました。2週間のトレーニング期間が終了した後、各グループにふたたび認知バイアステストが実施されました。

その結果、ヒールワークのトレーニングをしたグループの犬たちは「あいまいな場所にあるボウル」へ到達する時間に変化が見られなかったのに対して、ノーズワークグループの犬たちは到達時間がかなり短くなっていることが示されました。このことから研究者らは、ノーズワークグループの犬たちはトレーニングを通じ、あいまいな刺激に対してより肯定的な行動を見せた、すなわち、楽観的な見方をするようになったと結論しています。


[photo by Silvia Wineland]

においを嗅ぐという行動の重要性を忘れないで

研究者らは、一般の家庭犬は飼育動物で野良犬などとは異なり、嗅覚を使って自由に探索するような機会がほとんど与えられていない点に着目し、この研究を行いました。結果を見ると、自らの意思でにおいを探し当てるノーズワークをすると、少なからず犬は「楽観的に物事をとらえる傾向が強まる」ことが示されています。鼻をよく使うノーズワークを通じて本能的な自然な行動をとる機会が増えると、感情状態がおしなべて肯定的になり、ひいてはそれが犬の福祉の改善へとつながっていくと考えられると研究者らはいいます。

ノーズワークにはルールがあり、自由気ままに犬がふるまえるわけではありませんが、一般の家庭犬が本能的な行動をとることによる充足感を得るには十分なものだと示されたといえるでしょう。また、この研究では家庭犬が対象とされましたが、以前紹介しました『におい刺激がシェルター犬の福祉向上に』においては、シェルターに暮らす犬たちがにおいを嗅ぐという行為を通じてストレスを減らしていることも示されています。

つまり、においを嗅ぐという行動は犬に生来備わっている自然な行動であり、それが制限されすぎてしまうとストレスを感じたり、否定的な行動選択をしたり、精神的に不安定な方向へと傾いてしまう可能性が出てくると考えられます。日々の散歩の仕方や生活環境にもよりますが、普通に生活をしているだけでは犬たちが受けるべき刺激が十分でない状態になりがちなのかもしれません。

とはいえ、ノーズワークだけをやっていれば犬が満足するかといえば、決してそうではないことは皆さんすでにお分かりのはず。毎日の散歩はもちろん、飼い主とよりよいコミュニケーションがとれる時間は欠かせません。日常生活の中に上手にノーズワークを取り入れることで、犬の本能を大いに刺激してポジティブシンキングになってもらい、ココロもカラダも満足できる生活を送っていきたいものですよね。

【参考文献】

Let me sniff! Nosework induces positive judgment bias in pet dogs. Applied Animal Behaviour Science. Volume 211, February 2019, Pages 61-66.

【関連記事】

愛犬は楽観的?それとも悲観的?思考傾向を知るための認知バイアステスト
文:尾形聡子 もし犬が何事においても楽観的に捉えているのであれば、それだけで犬生楽しいものになると思いませんか?ただし犬は楽観的に事象を捉え…【続きを読む】
エウレカ!効果とノーズワーク
文と写真と映像:藤田りか子 犬も人と同様に「あ、わかった!!」という達成感やひらめきに対する喜びの感情があるのは、すでに学術的にも証明されて…【続きを読む】
犬は匂いで自己認識~視覚ではなく嗅覚で
文:尾形聡子 お化粧をしたり身だしなみを整えたり。人は鏡に映る姿を自己像と認識して日常的に鏡を使っています。人の場合は18か月から2…【続きを読む】
匂い時計を持つ犬
文:尾形聡子 嗅覚ほど、人と犬とで最も異なる感覚はないといっても過言ではないでしょう。視覚中心の生き物である私たちには、犬がどのように嗅覚を…【続きを読む】
におい刺激がシェルター犬の福祉向上に
文:尾形聡子 動物園動物の飼育環境を改善しようとするところから始まった考え方、環境エンリッチメント。犬曰くの読者のみなさんには、環境…【続きを読む】
犬は匂いからのイメージを脳裏に描いている?
文:尾形聡子 外界を認識するための機能のひとつ、嗅覚。優れた嗅覚を持つ犬は、人とはまったく別次元のにおいの世界で生きています。犬は空…【続きを読む】

【参考書籍】