エウレカ!効果とノーズワーク

文と写真と映像:藤田りか子

犬も人と同様に「あ、わかった!!」という達成感やひらめきに対する喜びの感情があるのは、すでに学術的にも証明されていることである。犬にも見られるエウレカ効果の記事を見られたい。この意味するところは、食べ物をもらったり、心地よく眠ることだけが犬の楽しみではない、ということだ。私がノーズワークが好きなのは(幾つも理由はあれど)、そんな閃きを犬に与えられる機会だからでもある。それも家庭で手軽に!

その証拠ともなるべき、以下の動画をご覧いただきたい。我が愛犬、カーリーコーテッド・レトリーバーのラッコのノーズワーク練習風景だ。サーチをしてもらうエリアの床にミートボールがてんこ盛りになったパッケージを置いてみた。ラッコが探さなければならないのは、月桂樹のアロマ水一滴を含んだ小さなフェルト(5mmx5mm)。探し当てたら、ラッコはミートボールを私の手からもらえることになる。ノーズワークが好きでしょうがないラッコだが、彼、どちらを選ぶだろうか。すぐに手に入る床にあるミートボールを食べに行くか、それともいつもの通り、アロマのにおいを探しにゆくか?

動画の中で私が手を前方にかざしているのは、探して!という合図。このコマンドが出ると早速ラッコはいつも通りアロマを探しに出て行ったではないか。CDプレイヤーの下に隠されているのを見つけたラッコは、マズルを膨らませてにおいを精一杯吸い込もうとしているのに気がつかれたい!嬉しい瞬間である。その後私は「正しい!」ということでクリッカーを鳴らした。映像には出ていないが、このすぐ後にラッコはミートボールを私の手からもらうことに。

ミートボールに惑わされることなく、ラッコは真っ直ぐにアロマのにおいを探しに出た。もしかしてミートボールに気がつかなかったのではないかと思われるかもしれない。いやいや、たった一滴のアロマのにおいに反応するほどの嗅覚の持ち主。このミートボールのにおいに彼が気がつかないはずがない。私ですらミートボール臭が部屋に漂っているのを感じたほどだ。

ラッコは現在ノーズワーク競技会のアドバンス・クラス(NW2)で競っている。だからこんな風にミートボールを無視することができる。それ程「においを探したい!」という意欲は骨の髄まで染み込んでいるのだ。アロマのにおいを見つければ、たいていの場合ご褒美にトリーツをもらうことができる。ただし、たった一切れ(一個をさらに四つ割にしてものを与えている)のミートボールのために彼は頑張っているのだろうか?ちなみに競技会の時も、エリアに入った途端ラッコは喜びに震える。なかなか出してもらえないと、ピーピー鳴き始めることもある。

探し当てることの喜び。「あ!ここにあった!!」という閃きの嬉しさ、それが彼のノーズワークにおける探索行動の原動力だ。エウレカ効果とほぼ同じ感情の動きであると言ってもいいだろう。そして犬が経験するこのような「感動」こそ、彼らの生活をより豊かにするものだと信じている。タダで「トリーツ」をもらえるよりも働いて得た方が楽しい。犬は働き者の動物でもあるのだ。

【関連記事】

犬も持つ、問題が解決できた!ときのポジティブ感情
文:尾形聡子(本記事はdog actuallyにて2013年10月24日に初出したものを一部修正して公開しています) "エウレカ!(ユリイカ...