犬は匂いで自己認識~視覚ではなく嗅覚で

文:尾形聡子

[photo by 6SN7]

お化粧をしたり身だしなみを整えたり。人は鏡に映る姿を自己像と認識して日常的に鏡を使っています。人の場合は18か月から2歳くらいまでに鏡に映る自分を見て、それを自己だと認識できるようになることが分かっていますが、人以外の生物も、鏡の中の自分を自己認識することができるのでしょうか?

ミラーテストとは?

動物が鏡像認識をしているかどうかをはかる指標に、ミラーテスト(またはマークテスト)と呼ばれる実験方法があります。ミラーテストの代表的なやり方は、対象となる動物が気づかないように、自分の目で直接見えにくい場所にマーク(口紅や染料など)をつけ、その後に動物の姿を鏡に映します。鏡に映った姿を見たときにそれを自分だと認識していれば、自分の体の上についているマーク部分を直接気にするといった行動をとりますが、認識していない場合には何も気にしないか、鏡に映し出された自己像を自分とは別の個体として注目するなどの社会的行動をとったりします。

これまでにミラーテストを用いて、チンパンジーをはじめとした大型類人猿やイルカ、ゾウ、鳥類のカササギがこのテストをクリアし、鏡像認識をしていることが示されています。しかし、われらが友である犬たちは、ときに大型類人猿を上回る高い認知能力や問題解決能力を持つことが科学的に証明されているにもかかわらず、このミラーテストでは落第をしていました。鏡にうつりこむ別の誰かを見ることはあっても、体についたマークは気にしないからです。

犬は嗅覚の世界の生き物、だからこそ“嗅覚”ミラーテストを

「嗅覚の世界の住人ともいえる犬には、視覚的な手がかりではなく、嗅覚的な手がかりを使ったミラーテストができないか?」

そう考えたのは、コロンビア大学バーナード・カレッジのアレクサンドラ・ホロウィッツ博士でした。彼女は従来の視覚的に認識できるマークを利用せず、自身のオシッコに手を加える(=マークする)ことで、“嗅覚ミラーテスト”を行い、その結果を『Behavioural Processes』に発表しました。

最初の実験は8歳以上の様々な犬種36頭の家庭犬を対象に行われました。蓋に穴が開いた缶を2つ用意し、それぞれに犬自身のオシッコ数滴と、自身のオシッコに別の犬のオシッコをたしたものを入れました。匂い世界において自身のオシッコに別の犬のオシッコを加えるということは、視覚世界で自分の体に染料がつけられているのと同じ状況であるというイメージです。

その結果、犬は自身のオシッコだけよりも、他の犬のオシッコが混ざったほうの缶を長い時間かいでいました。それは、すなわち、マークがついた鏡に映った自身の体を確認するという行動をとるのと同等であると考えられるとホロウィッツ博士は言います。

2つ目の実験は12か月から10歳までの別の12頭の犬を対象に行われました。加えた匂いの特異性が犬の匂いを嗅ぐ時間に影響していたわけではないことを示すため、2つ目の実験ではアロマオイルの匂い(アニスという薬草の一種)が加えられました。

その結果、犬たちは自身のオシッコだけの缶よりも、アロマオイルが足されている方をより長い時間嗅いでいました。くわえて、サンプルのアロマオイルだけ入っている缶よりも、アロマオイルが足された自分自身のオシッコの匂いの方を長い時間嗅いでいました。

つまり、自分を鏡もしくは匂いで認識している場合、自己を認識するものの上に何か(マークまたは別の匂い)があるということが興味をもつ引き金となっていて、ただ単に赤いマークや別の匂いがあっても、それ自体に興味を持つわけではない、ということになるのです。

はたして犬に心の理論はあるのか?

自己認識は、他者に共感したり他社の気持ちを推測するための“心の理論”と呼ばれている機能を獲得するための基礎ともなる認知能力です。また、『人にあくびがうつるのは、犬がいくつになってから?』で紹介していますが、人から人へとあくびがうつる、人から犬へとあくびがうつるといった、感情移入を伴わない情動伝染もそのひとつです。さらに、犬には模倣能力があることも科学的に示されています

人はこれらのようなことを成長とともに学習していき、他者に共感する心を成長させていくといわれています。現時点では、科学的な知見から、犬に心の理論があることははっきり示されていません。しかし犬に関わるだれもが、人と同レベルではなくとも、また、人が共感するのとまったく同じ共感の仕方ではなくとも、犬が何らかの形で他者について考えを巡らせる能力を持つことを疑わないのではないかと思います。

今後、認知研究が進められていく中で、今回の研究のように“嗅覚”という視点が大いに取り入れられていくのか、そういった点にも注目していきたいところです。

この実験系を考えたホロウィッツ博士は『犬から見た世界(Inside of a dog)』の著書でも世界的に名高く、犬の認知研究の中でも嗅覚のスペシャリスト。彼女の研究のひとつ、犬は匂いで時間を知るだろうという『匂い時計を持つ犬』も併せてどうぞ。そちらの記事中の動画は必見です。

【関連記事】

人のあくびがうつるのは、犬がいくつになってから?
文:尾形聡子(本記事はdog actuallyにて2012年10月31日に初出したものを一部修正して公開しています) 他者に対して共感する気...
犬の持つ特殊な能力とは?~菊水健史先生セミナーレポート(2)
文と写真:尾形聡子(本記事はdog actuallyにて2016年11月15日に初出したものを一部修正して公開しています) 前回に続き、麻布...
匂い時計を持つ犬
文:尾形聡子 嗅覚ほど、人と犬とで最も異なる感覚はないといっても過言ではないでしょう。視覚中心の生き物である私たちには、犬がどのように嗅覚を...

【関連書籍】

【参考サイト】

The Atlantic