ドッグフードを読む (2)

文:アルシャー京子

[Photo from jordi.martorell]

19世紀の中頃になると、犬は使役目的よりも愛玩目的に飼われることが多くなった。人々は犬に手をかけるようになり、折りしもこの時代には医学における偉大な発見が相次いだことから、健康管理にも興味を持つようになり犬の食餌内容に少しずつ関心が高まってきた。

ドッグフードのパイオニア ~ジェームス・スプラット

世界最初のドッグフードが作られたのは約150年ほど前、アメリカ出身の機械技師ジェームス・スプラットがイギリス・ロンドンで考案した「Spratt’s Patent Meat Fibrine Dog Cakes」であった。

その名の通り、小麦と甜菜・野菜に牛の血を混ぜ合わせて作ったクッキー型のこの商品が1860年に発売されたのを期に世界初のペットフード会社が誕生した。

これまでの長い間、家族の残飯を与えられていた犬への専用食ということで「贅沢品」と当初は言われたが、このスマートで簡便性の高いドッグフードの登場はまもなく「モダン」と人気を得て社会的地位を獲得し、都会に住む人たちのステータスシンボルとなったのだった。

1909年のスプラッツ社ポスター。[Photo from AllPosters]

しかしこの「簡易食を犬に与える快適さ」現象に対し発売当初から批判は続いた。

「ドッグビスケットは消化器官への詰まりと消化不良を引き起こし、皮膚病の原因となる」と獣医薬品会社のダニエルズ獣医師。「ドッグビスケットだけで犬を養うことは犬の体にとって究極のダイエットを強いることと同じだ」「おろした人参や細かく刻まれた生キャベツなどを肉と練り合わせたり、肉の煮汁に加熱された大量の野菜を混ぜるのは慢性的な空腹感を生む」、さらには世界で最初にX線診断法を犬に応用した獣医師のひとりガバット博士は「近頃は消化器官に詰まりを起こさせやすい食餌のせいで、犬に痔が増えてきている」とまで報告している。

それに対しスプラット側は「犬に生肉を与えると凶暴性が増す」「食卓の残飯は犬の消化能力を下げる」と反論し、折りしもビタミンの発見によりビタミンを添加されたドッグビスケットを「犬の健康管理責任の一部」として販売を拡大していったのだった。

=====

余談:クラフツとスプラット

クラフツ(Crufts)と聞いて犬好きなら思い出すのが世界三大ドッグショーのひとつ、イギリスの「クラフツ・ドッグ・ショー」。

14歳のときから家業の宝石商を手伝い飽きが来ていたチャールズ・クラフツは、スプラットのアイデアに興味を示し、自らをマネージャーとして身を投じてスプラッツ社を大きく成長させた人物である。

そしてドッグフードの販売拡張を通し、ドッグショーの主催というアイデアを出した。

1878年にパリで開かれた展覧会の犬部門をドッグショーの第一回とし、その後1886年にはロンドンでテリア・ショーと続き、1891年から「クラフツ・ドッグ・ショー」として全犬種を扱い、現在では世界最大のドッグショーへと発展した。

このクラフツの影響によりヨーロッパにおいて純血種は頭数を増やし、そして犬種のスタンダードが規定され、犬達は容姿を競うようになった。

2008年のベスト・イン・ショー(最も優秀とされた犬)はジャイアント・シュナウザー。オーナーにとって感無量のタイトル獲得である。今ではショーの名前だけを受け継ぎ、主催はイギリスのケンネルクラブが。ショーのスポンサーであるドッグフード会社も取って代わっているのが時代の流れを感じさせる。[Photo from Crufts]

日本初のドッグフード

日本で最初のドッグフードは1960年に発売された「ビタワン」。戦時中にアメリカではすでに常用となっていたドッグフードが米軍により日本に持ち込まれ、それに影響されて作られたといわれる。当時は人間の主食を扱うお米屋さんで販売され、「犬の主食」というイメージを作ろうとしていた。

ビタワンの登場は高度経済成長の勢いと家庭内での犬の地位向上の波に乗り、贅沢品というイメージを伴いつつも着実に販売を広めていった。そしてイギリスでの発売当時と同じように飼い主の意識はいつしか「残飯」よりも「モダンなフード」をかわいい愛犬たちへ与えるように傾いていった。

20080102-vitaone-nem-1vf

私にとってはなつかしのビタワン・デザイン。田舎にゆけばいまだに琺瑯の看板を見かけることもある。[Photo from y2mi32]

とまあ、こう書いてしまうと犬の歴史の中でドッグフードの食生活がいかに短いものであるかよく分かる。

現実的なドッグフードの普及は本国イギリスで120年、日本でせいぜい30-40年といったところか。昔の残飯に比べビタミンやミネラルが充分すぎるほど補給されるドッグフードのお陰で、犬達はビタミン不足で死ぬことはなくなり、寿命が延びたのはたしかである。

(本記事はdog actuallyにて2008年11月14日に初出したものをそのまま公開しています)

【関連記事】

ドッグフードを読む (1)
文と写真:アルシャー京子 この数年アメリカ・カナダ系ドッグフードのリコールが続き、飼い主の間でドッグフードへの不信感が募っている。 こ...