ドッグフードを読む (2)

文:アルシャー京子

[Photo from jordi.martorell]

19世紀の中頃になると、犬は使役目的よりも愛玩目的に飼われることが多くなった。人々は犬に手をかけるようになり、折りしもこの時代には医学における偉大な発見が相次いだことから、健康管理にも興味を持つようになり犬の食餌内容に少しずつ関心が高まってきた。

ドッグフードのパイオニア ~ジェームス・スプラット

世界最初のドッグフードが作られたのは約150年ほど前、アメリカ出身の機械技師ジェームス・スプラットがイギリス・ロンドンで考案した「Spratt’s Patent Meat Fibrine Dog Cakes」であった。

【こちらは有料ブログです。続きを読むには「ログイン」して下さい。会員登録はこちら