所変われば犬種名も変わる

文と写真:藤田りか子

外国のドッグショーのカタログを開くと、たとえよく知られた犬の名前でも、日本で表記されている名とはまったく別の名前で出ていることに気が付く。たとえば、パグ…。

職業上、FCI(国際畜犬連盟) に登録されている犬種名はすべて把握していると思っていた。随分前のことになるが、イタリアのドッグショーに初めていった時のこと。何気なくショーカタログを眺めていたら、一度も聞いたことのない犬種名が目に飛び込んできた。

それはアラノという名前。よっぽどのレア犬種に違いないと思いきや、しかしカタログには100を超える出陳数。これは放っておけぬ。早速どんな犬だか確かめるためにリングに向かったところ…

【こちらは有料ブログです。続きを読むには「ログイン」して下さい。会員登録はこちら