ガンドッグ技能:脳トレにも最適、ストップシグナル その1

文と写真と動画:藤田りか子

ストップ!のハンドシグナル。手をまっすぐに上にあげる。

ガンドッグスポーツにおける大事な技能のひとつ、ストップシグナルのトレーニングについて紹介したい。ガンドッグを飼っていないみなさんも、是非愛犬の脳トレ遊びとして活用して欲しい。何か動作をしている犬に「ストップ!」と声をかけ、止まってもらうという遊びだ。この技をマスターしていれば、うっかり愛犬がどこかに走り去ろうとした時も「ストップ」と合図を出して動作を止めることができる。むしろ呼び戻しよりも効果的かもしれない。ストップシグナルの方が犬にとってのポジティブ感は遥かに高いからだ。なぜポジティブ感が高いかについては後述しよう。

ストップシグナル活用のシナリオ

これまでにライニングそしてガンドッグのノーズワーク(ハンティング)を紹介した。いずれも犬を遠隔操作するためには重要なスキルだが、もうひとつなくてはならない大事な技がある。「ストップ!(止まれ!)」だ。ホイッスルのシグナルでは「ピー!」と一吹きで表現する。

ストップシグナルを活用するのは

【こちらは有料ブログです。続きを読むには「ログイン」して下さい。会員登録はこちら