犬の分離不安~犬と飼い主の愛着関係からさぐる

文:尾形聡子


[photo by Mattie B]

犬との暮らしで飼い主が頭を悩ませる犬の問題行動。先日、アメリカの調査研究では85%の犬に何かしら問題行動が見られたという報告を紹介しましたが、その直後に発表された東京大学の研究者らによるアンケート調査においても86%と同じような結果が出ていました。

犬の問題とされる行動の中のひとつ、分離不安には、飼い主が家を空ければ激しく吠え続けたり、物をこわしたり、おしっこをあちこちにしたり・・・といった行動が見られます。そのような行動をとる理由として、遺伝的な要因やホルモン要因やこれまでの経験などが考えられていますが、それ以外にも「犬と飼い主の愛着(attachment)」がどのような関係になっているかも影響していると考えられています。なぜなら、犬は家畜化にともない人の子どもが親に対して抱く愛着と同じような愛着を飼い主に対して抱くようになったため、“安全なよりどころ(secure base effect)”である飼い主と離れ離れになることに分離ストレスを感じるからです。

【こちらは有料ブログです。続きを読むには「ログイン」して下さい。会員登録はこちら