人の幸せな声は右脳で、悲しみや恐怖の声は左脳で処理~犬にみられる脳機能の左右差

文:尾形聡子

[photo by Wiggle Butts Photography]

犬は人が抱く感情をにおいから嗅ぎとれるほど優れた嗅覚を持つ生き物です。においのもととなる化学物質を通じて、人の幸せもしくは恐怖の感情について識別できていることが示されています。また、私たち人間がもっとも頼る視覚を通じても、犬は人の喜びと怒りの表情を区別できることが分かっています。このように、犬は人の感情状態を認識する力を備えていることが近年の研究により明らかにされ始めています。

嗅覚・視覚とくれば次は聴覚。視覚と並び物理的な信号を識別するための聴覚を使い、犬は人の感情を理解できるものなのでしょうか。『使い分けられていた、犬の鼻の穴』の研究もおこなったイタリアのバーリ大学の研究者らは、言葉を使わない感情をあらわす声色だけから犬が人の感情を識別できるかどうかを調べ、その結果を『Scientific Reports』に発表しています。

脳機能の左右差に着目

今回も『使い分けられていた、犬の鼻の穴』のときと同様に、人の感情を処理する際に、さまざまな生物種にみられる脳機能の側性化(左右差)としてあらわれるかという点に着目して研究が行われています。

脳機能の左右差ですが、一般的には左脳(左半球)は言語や計算といった論理的なことを処理し、右脳(右半球)は芸術や空間認識など感覚的なことを処理しているとされています。さらに、左脳は日常生活や幸せといったポジティブな感情を、右脳は危険回避やネガティブな感情を処理するともいわれています。

たとえば、雷の音を聞いたときには犬はより顔を左に向けていたことから、恐怖や危険などに対しては右脳が主に処理を行っていることが示されています。一方で、同種間のボーカルコミュニケーションにおいては、犬をはじめ、馬や猫、ライオンなどさまざまな生物種で左脳が優位に使われていることも分かっています。

一部のサルでは使われる脳の左右が逆転していたり、雌雄差なども見られる報告もあり、まだまだ研究の余地を残すところです。

ポール・エクマンの6つの感情を使用

実験では、表情と感情に関する研究で有名な、アメリカの心理学者であるポール・エクマン博士の6つの感情に対する犬の反応が観察されました。エクマン博士は人の感情とそれに追随する表情として、『幸せ、驚き、嫌悪、恐れ、悲しみ、怒り(happiness, surprise, disgust, fear, sadness, anger)』を人類に普遍的なものとして定義しています。

これらの6つの感情をそれぞれ『幸せ=笑い声、驚き、嫌悪=吐き気を催したときのようなゲーという音、恐れ=悲鳴、悲しみ=すすり泣き、怒り=どなり声』で表現、24歳~37歳の男女7人ずつにより録音された各声が使われました。

実験には30頭(1歳から13歳までのオス14頭、メス16頭)の家庭犬が参加。お腹を空かした犬がご飯を食べている間、そこから等間隔に左右にセットされたスピーカーから同時に同じ音を流すというものです。人と同じく犬の体も、左半身を右脳が、右半身を左脳が支配しているため、右脳が働いた場合には犬は左を向き、左脳が働いているときには犬は右を向くという原理を元に、録画された映像が解析されました。犬は心拍を測定するベストを装着し、心拍と行動も同時に解析されました。

その結果、犬は恐れと悲しみの感情の音声に対して多数が左を、幸せな音声に対しては右を向きました。怒りに対しては左を向く傾向がみられるも有意差があるとはいえず、嫌悪と驚きについては左右差は見られませんでした。これら3種類の感情については脳の左右差は見られなかったものの、一般的にいわれている“左脳はポジティブな感情を、右脳はネガティブな感情処理をする”ことを裏付ける結果となりました。

恐怖を察知して危険回避する能力はどのような生物にも生まれながらに備わっている一方で、幸せや悲しみという感情については、犬が人と共に暮らしてきたことにより幅広く理解し得る能力を獲得できたのではないかと考えます。また、今回の研究では怒り、嫌悪、驚きには有意差が見られませんでしたが、怒りについてはさらなる研究の余地があると感じます。嫌悪に関しては、犬という種としてそれはあくまでも個単位での感情や反応であり、嫌悪感を人やほかの犬と共有(共感)することのメリットがあまりないのかもしれません。そして驚きについては、原始的で反射のような瞬発力のある感情で、それが幸せに結びつくポジティブな感情なのか、恐れや怒りの引き金になるようなネガティブな反応なのかが時と場合により異なるため、脳がいずれであるのかを瞬時に判断しにくいのかもしれないと思います。

[photo by Fred Rockwood]

それぞれの感覚器からキャッチされたものが統合されて情報になる

当たり前のようではありますが、ある一つの情報は、視覚、聴覚、嗅覚など使える感覚器から得られたすべての情報が脳で処理され、統合されることによって得られます。もちろん、それぞれの経験や学習などによって、得られる情報に違いや差はでてくるでしょう。

たとえば、私たちが悲しみに打ちひしがれているとき。強い悲しみを抱くことで発しているかもしれない化学物質のにおいを嗅ぎ、涙のにおいを嗅ぎ、すすり泣く声を聴き、沈んでいる表情を見て、日常とは違うことに愛犬は気づいて近寄ってくることもあるでしょう。しかし、年に一度くらいしか悲しまないか、週に一度は悲しむかといった頻度や、悲しんでいる飼い主を見て犬が近づいたときに飼い主が犬にどうリアクションするかなどによって、犬の反応もそれぞれ変わってくるかもしれません。そして犬は“悲しそうだ”ということを認識できても、“悲しそうだから慰めてあげたい”という思考になっているとも限らないと思います。

また、先日、高いトーンで感情豊かに語りかけると犬の注意をひきやすく、コミュニケーションを深めるのに役立つだろうとする研究を紹介しましたが、犬たちはそういった口調の裏にある人のポジティブな感情を認識することで、より相手と交流しやすいと感じているからこその結果かもしれないと感じます。嬉しい時には自然と声も高まり、感情豊かになるものです。そのような時のコミュニケーションは人間同士でも気分がいいものです。

いずれにしても、犬たちは私たちの感情をいろいろな情報を統合することである程度識別できていることは確かです。そして、それに影響されている可能性があります。たとえ言葉にせずとも愛犬があなたの気持ちの変化に気づいているかもしれないことは、心のどこかに留めておきたいですね。

【参考文献】

Lateralized behavior and cardiac activity of dogs in response to human emotional vocalizations. Scientific Reports. 2018 Jan 8;8(1):77.

【関連記事】

犬は人の感情を嗅ぎとり、その感情に影響されている
文:尾形聡子 たとえ表情や所作にあらわさずとも辛く悲しい気持ちでいるときに、愛犬が自分の気分を察知していると感じたことはありませんか...
犬は人の笑顔と怒り顔とを識別できている
文:尾形聡子 自分が上機嫌なのか不機嫌なのか、自ら言葉を発さなくとも愛犬はいつもお見通しと感じたことはありませんか?犬と暮らす方ならば、犬は...
使い分けられていた、犬の鼻の穴
文:尾形聡子 左右それぞれの脳が持つ役割が異なること、側性化は哺乳類から鳥類、両生類などに至るまで広く生物にみられることがわかっています。犬...
高いトーンで感情豊かなゆっくりとした語り口調は、犬とのコミュニケーションに役立っている
文:尾形聡子 犬に話しかけるとき、または人間同士で会話をするとき。みなさんは両者を区別していますか?常に人と会話するのと同じテンポや...