犬のボディランゲージが見えてくる

文と写真:藤田りか子

この一見、なんでもないシーン。この中に、どんなボディランゲージを読み取ることができるかな?左の犬の存在にも注目!

犬のボディランゲージについては諸々解釈があるところだろう。ある人が犬の前に立ちはだかったとしよう。そのとき、犬の耳がすぐに後ろに引かれたとする。これを見て、

「これは謙虚な気持ちを見せるボディランゲージだよ」

という解釈をする人もいれば

「これは、怖がっているシグナルだ」

とか

「いやカーミングシグナルだ」

と言う人もいるだろう。

犬のボディランゲージの本をいっしょに作ったデンマークの犬行動コンサルタントのヴィベケ・リーセさんといっしょに犬をたくさん観察をする機会があった。そのときに写真を見ながら彼女の解説をききつつ感動したのは、解釈そのものよりも、

【こちらは有料ブログです。続きを読むには「ログイン」して下さい。会員登録はこちら