どうやって子犬を選んだかというと…

文と写真:藤田りか子

我が愛犬、ラブラドール・レトリーバーのアシカから9頭の子犬が生まれ、そのうち1頭を手元に残した。それが黒いメスのミミチャンだ。なぜ、彼女を選んだのか?パピーテストをやって一番結果がよかった、とかそんな立派な理由ではない。良質な子犬が欲しいとあんなに望んで望んで意気込んでいたにもかかわらず、いざとなるとその決定はかなりいい加減なものだった。目が開き始めた頃、パピーベッドから薄ぼんやりとした瞳をこちらに向けていた子犬がいた。まるで微笑みかけてくれているようで心が惹かれた。これがミミチャンとの出会いであった。

子犬の社会性トレーニングのためにも、5週目になった時点からパピールームに子犬を見たいという人をどんどん招いた。その時のミミチャンはPR大使となった。人が入ってくるとすぐにそばに寄り、よじ登ってそのまま膝の上でまどろんだ。訪問者の誰もが彼女を気に入り「我が家の子犬に」と希望した。もっとも9頭全てのパピーは気質的にはほぼ均一。皆等しく社交性がありそして大胆。作業性も良さげで、口に物をくわえたがるなど物品欲は強かった。

それゆえにどの子を最終的に自分の犬にしたらいいか非常に迷った。いずれの子犬を選んでもスポーツドッグとして遜色なさそうだ。ならば性別と毛色、あとは感情に任せるのがいい。「エイヤッ!」とミミチャンに決定した次第だ。(その時の様子はこのブログにも綴った)。

ただし…。兄弟姉妹がそれぞれの家庭に旅立ち2週間後、彼女が10週齢になったとき。突然他人を怖がる行動を見せ始めた。人が寄ってくるとすぐに後ろに隠れるようになった。ビビりは犬のQOLを下げる深刻な問題と犬曰くでもよく記している。そんな風に人々の注意を喚起している当の作者の愛犬が、まさにビビり犬の一員となってしまった。世の中をびくつきながら暮らすというのはとても辛いことだ。そんな風にならないように子犬が3週目に入ったときから様々な環境エンリッチメントを施し、大胆で好奇心の強い犬になるよう育ててきたのに…。

いや、その努力は決して無駄ではなかったと言いたい。というのもミミチャンは非社会的なものには何も恐れを見せないからだ。それどころか見たことがない物体にも平気で近づいて「なんだろう」と確かめる。足場の悪くグラグラするようなところも気にしない。音に関しても平気だ。8週目の時に雷が我が家のガレージを直撃した。しかしそのドーン!という雷音に「あれ?」と顔をあげたものの、そのままおもちゃで遊び続けていた。銃声もOK。ガンシャイではないとわかってすごくホッとした(将来ガンドッグの競技会に出したり鳥猟に連れ出すのが夢だからね)。母犬も父犬も掃除機のモーター音が苦手であるが、ミミチャンは掃除機の音が鳴るとすっ飛んでやってきて、動き回る掃除機のヘッドに食らいつこうと追いかけた。

掃除機の音が鳴り出すと待ってましたとやってきて、掃除機のヘッドを追いかけて遊ぶミミチャン。母犬のアシカは掃除機が嫌い。必ず離れたところで待機している。

犬が恐怖を抱く対象は、大きく二つのタイプに分けられる。社会的なものと非社会的なものだ。ミミチャンは社会的なもの(つまり他の人とか他の犬)がすっかりだめになってしまったのだ。なんということだろう。幼犬の頃はあんなに他人に愛嬌を振りまいていたのに、わからないものである。パピーテストが必ずしも信頼できるものではない、と言われる所以でもある。

不思議なことに、他の兄弟姉妹にはその問題はなかった。どうやらミミチャンだけ。自分のブリーディングが失敗したのだろうかとしばらくしょげていたものの、他の子犬たちに強い社会的恐怖心がなくて本当に救われた。自分だけがこの問題を背負うのであれば、OKだ。他人のところにいる犬について私は何もコントロールができない。でも私の元にいれば、絶対に幸せにしてあげれるという確信は100%ある!たとえ社会的ビビりでも!

彼女が他人を怖がると分かったその日から、在宅ワークをしばらくやめることにした。なにしろ私は森の一軒家に住んでおり、自分であえてどこかに行こうとしない限り一日中誰に会うこともない。パートナーのカッレの事務所の一部を借り、ミミチャンを連れて仕事をすることにした。事務所には20人ほどの従業員がいて、人が常に出たり入ったりしている。おまけに事務所に併設したショップもある。そこで知らない人に慣らすというトレーニングもできる。

カッレのショップでノーズワークをトレーニング。他のお客さんが周りにいるのだが、作業をすると集中をするので恐怖心が薄れるようだ。ミミチャン、12週齢の頃。

困ったことにミミチャンがシャイだと知って、事務所で働いている人たちがトリーツをもって私のデスク下で寝ている彼女のところに訪れるようになった。「何が困るの?理解があっていいことじゃない!」と思わるだろう。いや、実はこれが逆効果なのだ。人々は「トリーツを持って近づけば、人に対してポジティブな印象をもってくれるはず!」と良き意図をもって来てくれている。だが、ミミチャンとしては他人が積極的に近づいてくるということ自体恐怖であった。じっと彼女を見つめてくる目が嫌だった。できるならそっとしておいて欲しいのだ。

「ほら、大丈夫よ、こっちへおいで!」

と他人が親切を押し付ければ押し付けるほど、彼女の恐怖は増大した。顔を背けて手だけ伸ばしてトリーツ与えようとしてくれる人もいた。その不自然なポーズにもやはり怖がった。そして最後には「ウ〜」とまで唸り出した。これはまずい!余計に人を怖がる子になってしまう。

カッレの事務所の人を集めて宣言をだした。

「すみません、みなさん親切心でシャイなミミチャンを励ましてくださっているのはわかります。しかし、彼女を見ても絶対に目をあわせない、近づかないを守ってください。知らんフリしているのが彼女にとって一番のセラピーになるんです」

皆すぐに納得してくれた。おかげで事務所にいても「あの人、ミミチャンにまた話しかけるんだろうか」という私のヒヤヒヤ感もなくなった。誰もが彼女にとって電信柱になった。するとある日。自発的にデスクの下からでて、私のところにおしゃべりにきた会計士Mさんの脚をクンクンとにおっているではないか。おまけに彼女の前でお座りまでした。そして見上げながらトリーツwを乞うていたのだ。Mさんも犬の飼い主だ。ポケットにいつもトリーツを忍ばせている。ミミチャンを見ないようにしてMさんはトリーツを目の前に差し出した。一つ目をもらったら、また二つ目も欲しいとお座りをして待っている。

もちろん話しかけられるのも嫌だし撫でられたくもない。人から注目されるのは大嫌いだが、とりあえず人を受け入れるようになったみたいだ。これは大きな大きな前進である。Mさんの前に座る小さなミミチャンを見ながら、安堵の気持ちで目に涙…。

相手が知らんぷりをしている限りは、自分から近づいて「なんだろう」とにおい、人を必ずチェックするようになった。

社会馴致は一生続けていくつもりだ。人の集まるところに彼女をどんどん連れ出している。そうして慣らしていくのが一番だ。でも彼女を無視するよう周りの人に伝えなければならない。そこは私の性格として正直しんどい部分であるが、しかしミミチャンが人の親切な押し付けを我慢するという状況のほうが耐え難い。だから勇気をだして伝えるようにしている。この先、彼女が人を好きになることはないだろう。けれど周りにいる人の存在は受け入れていくはずだ。もっとも他人を見ればすぐに飛びつくようなオーバーソーシャルな犬に育てたいとはもともと思ったことがない。

とりあえず彼女の社会性ニーズは我が家という群れの中で幸せに生きることで十分満たされる。犬生にとって最も大事なものは外部の友達ではなく家族という群れである。ここで安心して暮らしている、犬としての行動要求(猟欲、嗅覚探索など)が満たされている、メンタルエンリッチメントが与えられているのであれば、外の世界の様々な困難はうまく私といっしょに乗り切ってくれると思うのだ。これについてはこのブログに記したので参考にされたい。

先日は狩猟にも連れて行った。狩猟の間は車で待機。猟が始まる前と後のミーティングに彼女を伴い猟場の雰囲気に慣らした。たくさんの人、車が集まり、社会化トレーニングにはうってつけ。