録音マンの私が見たメディアにおける動物倫理の違い:日本vsオーストラリア

文:五十嵐廣幸


photo:Warrnambool City Council 

私はオーストラリアで映画やテレビドラマの撮影を生業にしている。毛むくじゃらのマイクをつけた長い棒を携え、役者のセリフを録っている人を見たことがないだろうか。あれが私の仕事である。今回は、日本とオーストラリアでの仕事経験から感じた、日豪メディアにおける動物倫理の違いについて記してみたい。

動物倫理(Animal ethics)とは、野生動物に限らず、豚や鶏などの畜産動物、実験動物などすべての生きものに対して、人間が誠実かつ道徳的に接するかを問うものである。

オーストラリアの映画制作における動物の扱い方

映画「Oddball」は私が録音を担当した映画の一つだ。

【こちらは有料ブログです。続きを読むには「ログイン」して下さい。会員登録はこちら