野犬出身の保護犬を考える

文と写真:藤田りか子

東欧の野犬の様子。この犬は街の広場に現れるものの、人が手をのばすとさっと立ち退いた。警戒心は強い。

私はすでに成犬となった野犬を保護犬として飼うということに対して疑問を感じている一人だ。賛否両論はあると思うがここに私なりの意見を述べたいと思う。

犬をすべて十羽一絡げに同じ「動物」と考えぬよう

家庭犬として人気のある純血犬種には「飼いやすさ」を元にした「選択繁殖」の歴史が背後に控えている。一方その歴史が野犬には欠けている。あるいは最初は選択を受けていたのかもしれないが、交雑していくうちに原始の犬が元々持っていた野性っぽさに戻されてゆく。そのような犬というのは、新しい環境への適応力も乏しく、人との接触にストレスを感じやすい。要は人との共存を苦手とする。逆に言うとゴールデン・レトリーバーなど人と共存しやすいよう選択繁殖を受けた犬とその歴史に携わったブリーダーに対して、私たちはもう少しありがたみを感じてもいいはずだ。そう、犬というのは人による選択繁殖を受けない限り、本来そんなに飼いやすい動物ではないのかもしれない。特に「安全」「衛生」等がとやかく言われる現代社会においては…。

五十嵐廣幸さんが「センチメンタルと保護犬」で述べられたことと私がここで言わんとしていることは、大いに重複している。現在保護犬を飼おうというトレンドが日本にはあるそうで、確かに心温まる話ではある。がそこに落とし穴がある。安全な世の中に慣れてしまった現代人の癖とも言えるだろう、「犬」と言えばそれこそ元野犬であろうと捨てられてしまったダックスフンドであろうと、まるで規格製品と同様に万人が飼えるものと思い込みがちだ。保護犬の中に野犬(あるいはひどい問題犬)が含まれている限り、保護犬推進キャンペーンは犬という動物の性質を伝えずに行うと飼い主に錯覚を招く。人のみならず犬にとっても不幸をもたらすこともあるだろう。特に飼い主に動物としての犬の知識がない場合悲劇ともなりかねない。地方では保護犬の半数以上が野犬であったりもするのだ。

野犬とは

ここで一応野犬の定義をしておこう。一般的には「飼い主のいない犬」と考えられているが、狭義には以下のように「ノイヌ」と「野良犬」の二つのタイプに分けられる。

  1. ノイヌ:人を恐れて完全に野生動物として暮らす犬。英語でいうところのフェーラル・ドッグ(Feral Dog)
  2. 野良犬:人に捨てられたあるいはもともと野犬として生まれているが村落にうろついている犬。人に懐く場合もあるし、ある程度距離をとって人の周りをうろつくこともある。

野犬という犬は家庭犬とは「人社会に対する適応力」という面で異なる動物と考えた方がいい。特に生まれてからずっと野犬である犬にとって「自由」を謳歌するというのは、良きにつけ悪しきにつけ彼らの生き方としてデフォルトとなっている。野犬は野生の状態においては「食べ物をあさるという行為」も見せるだろう。食べ物は残飯であったり人にもらえるパンであったり。そのライフスタイルは時に人から哀れを誘うかもしれない。が、実はアフリカの草原でガゼルを狩る誇り高きライオンの行動と同じ、犬にとっては自然な採食行為でもある。もっとも純家庭犬にもその探索行動がまだ残されており、だからこそ嗅覚をフルに活かして災害救助で活躍する作業犬、ノーズワークの競技会を楽しむ犬が存在する。

「保護される前は食べ物をあさって暮らしていたので、もうこの子にそんな苦労をさせたくない。私は彼に好きなだけ食べ物を与えています」

という保護犬の飼い主さんがいたが、これは必ずしも犬の福祉に沿った考え方ではないのではないか。「あさる」という暮らしをしていたからこそ、家庭犬になっても何か「探索する」という代替作業を与える必要があるのだ。

東欧で見かけた野犬。駐車場がこの犬のテリトリー。侵入してくるものに対しすかさず吠えて撃退する。

野犬のウェルフェア

野犬が普通の家庭犬と異なる点はもう一つある。これは後天的な要因だが、大事な社会化期(3週目から12週目)において、人といっしょの環境(家の中など)で過ごすという経験を持たない犬が多いということ。社会化期に刷り込まれたことであれば生涯にわたって犬は受け入れようとする。しかしその後に遭遇する新しい環境や事態についてまずは警戒する。野犬にビビリが多いと言われる所以はここにある。人と密接に暮らすことを社会化期に経験してない。人間社会でビビりを見せる動物を「家庭犬」として飼うことが、その犬の幸せに繋がるのだろうか。

先日尾形さんがバリ島に生きる犬についての研究をブログとして著した。この研究はまさに私の疑問に学問的に答えてくれるものであった。バリ島では人々は昔から自由にほっつき歩く犬たちと共存してきた。しかし近代化するバリ島において「犬と室内で暮らす」という新しい習慣がもたらされた。と、それまで自由にほっつき歩いていた犬はリードをつけてもらい家庭犬として人の社会に統合された。するとどうも自由を謳歌して暮らしている主人なしの犬に比べて彼らに問題行動が多い、というのである。つまり全員が幸せに暮らしているわけではなさそうなのだ。この結果からしても、野犬を家庭犬として飼うことへの福祉的正当性に疑問を感じざるを得ない。

保護された元野犬。人間の環境、何かにつけて怖いことばかり!尻込みをする。

確かに野犬を保護犬として迎えて、上手に人間社会に馴らした方もいる。しかし彼らの苦労そして努力はなみなみならぬものがある。あるいはどんなに馴らされてもビビる犬はいるだろう。ビクついている限り、どうやってその犬のウェルフェアは保証されるものなのだろうか。とりあえず殺処分を免れ風雨をしのぎ毎日食べ物が確保される生活にはありついている。だが、野犬という野生に近い動物のもつ習性を鑑みると、物質的に豊かな生活だけが彼らのニーズではないと思うのだ。この意味で、そもそも犬に限らず野生の動物をとらえて人間のペットとして飼うということに私は概してネガティブだ。

BORN FREE

話は飛躍するが、野生のエルザという映画を子供の頃に観た。ケニアで孤児の子ライオン、エルザを育てたジョイ・アダムソンの実話が基になっている。成長するにつれ放し飼いのエルザのいたずらはひどくなり村で騒ぎを起こすようになった。危険だということでとうとう飼育を禁じられそのかわり動物園に送るよう命令が下された。しかしジョイはそれは絶対にだめと涙を流して反対。動物園のどこがいけないのか、という夫の問いに

「エルザは生まれながらに自由をもっているのよ、自由に生きなければならないのよ」

と答えた。そして野生に返すためのトレーニングをする覚悟を決めたのだ。このシーン、とても感動、涙である。

野生に一度生きてきた動物というのは、やはりライオンに限らず拘束される生活に少なからず苦痛を感じるはずだ。たとえ野生は厳しくとも、その世界で生きるということ自体が動物たちの神経や頭の中にプログラミングされている。このことを私は野犬についてもよく重ねて考えている。生まれたときから自由に生きてきた野犬について、保護のほかにももう少し何か対策があるのではないかと思う。例えば「どうしたら野犬を減らせるか?」という部分だ。

野犬の学術的個体群動態調査の必要性があるのでは?

これだけ世の中では保護、保護と騒いでいるのに、どうして「蛇口の元を締めるため」に事実収集をおこなおうとしないのだろう。つまり何故野犬の個体群動態を調べようとする人がいないのか?何が野犬を生みだしているのか。どこから新しい野犬人口が流入してくるのか?果たして家庭犬が避妊去勢していないから野犬が生まれてくるのか、それとももともといる野犬が人口を増やしているのか?ちなみに「保護犬はすべて避妊去勢しましょう!」という最近の日本によく見られるスローガンにもやや疑問を抱いている。保護犬でも個人によって家庭できちんと管理を受けていれば、不必要な妊娠には至らないはずだ。それとも、保護犬を飼った人というのは往来で放し飼いを行っているのだろうか。そうであれば話は別だ。何はともあれ、人口流入についての事実とデータが欲しい。あるいは野犬に発信機をつけてフィールド調査を行い誰か学術的に研究すればいいのに、とも思う 。その研究に必要な費用だって寄付金で集めることもできるはずだ。それとも世間は「可哀想な犬を保護しましょう」というセンチメンタルなシナリオがない限り寄付には興味を見せないのだろうか。

【関連記事】

センチメンタルと保護犬
文と写真:五十嵐廣幸 ユーカリの木が生い茂る川で遊ぶ犬たち。 はじめまして!犬曰くゲストライターの五十嵐廣幸です。カンガルー、コアラ、...
自由に生きるバリ島の犬が家庭犬になると、性格にどんな変化が起こるのか?
文:尾形聡子 インドネシアはバリ島に古くから自由に暮す犬、バリ犬。 東南アジアやインド、アフリカなどの町や村には人に飼われることな...
ビビリの犬は動物ウェルフェアに関わる問題です
文と写真:藤田りか子 過度なビビリは心のハンディキャップ "のんき者は長生きする"               〜シェークスピア〜 飛行機に...