鳥が落ちた場所を正確にマークするレトリーバー技能

文と写真:藤田りか子

鳥の落ちているところをハンドラーの横でじっと観察。しっかり「マーク」しておく、という意味で、マーキングという。

レトリーバーの素質の中でとても大事な技能がある。それは「鳥が落ちたところを覚えておく」ということ。この行動を「マーキング」とも言う。犬やオオカミがおしっこをひっかけてテリトリーを主張する行動もマーキングと言うが、それとは別の言葉として理解されたい。ちなみに北欧のノーズワークの世界でマーキングというと、犬が隠されたにおいを探し出して告知をしたこともさす。というわけでマーキングという言葉、他にもいろいろ定義がありややこしい。状況別に解釈してね。

アシカが一歳をすぎた頃、ワーキングテストという競技会に彼女と出場することを決心した。ならば早速彼女のマーキング能力を磨かなければならぬ。スウェーデンのノービス・クラス(ビギナークラス)におけるワーキングテストではマーキング能力をみることに終始する。そこでは発砲音とともにダミーが投げられる。要は鳥が撃ち落とされた、というシナリオなのだが、きちんとマーキングをしている犬なら、ピンポイントで鳥(ダミー)が落ちた場所に到達できるはずだ。そしてすぐさまくわえこちらに持って来る。逆にマーキングができていないと、まず犬は落ちた場所から全くそれたところにたどり着き、そしてダミーをみつけようとあたりをぐるぐる走り回る。これではもはやマーキングとはいえず、サーチ(探す)となってしまう。ぐるぐる走り回り始めるのは空中臭を頼りになんとかダミーのにおいをキャッチしようとしているから。以上より、審査員が満点をくれるパフォーマンスというのはおおよそ次のような要素で成り立つ。

  • ダイレクトにダミーのあるエリアに向かってまっしぐらに走る(もちろん寄り道はNG!)
  • ほぼピンポイントでダミーの落ちたところにたどりつき、ほとんど探すことなくダミーをみつけ口にくわえる(マーキングが不正確な犬だとダミーが落ちたところから外れた場所に行くので、ダミー探しに終始することになる)
  • すかさずハンドラーの元に走り戻る(ここでも途中でおしっこをしたりする、他のものに興味をしめしてしまうなど、寄り道はだめ!)
  • ダミーをきちんとハンドラーの手に渡す(途中でダミーを落としてもだめ、また渡さないぞという態度もだめ)

スウェーデンでのワーキングテストの場合、犬を送り出すとき以外は何もコマンドを出さず犬が自動的にくわえもどってくる、というのも大事だ。戻れ!とか、探せ〜!などのコマンドを出せば出すほど持ち点(20点)は減点されてゆく。

落ちたところをきちんと覚えており、そこにめがけてダイレクトに走ってゆく、というパフォーマンスが求められる。

実をいうとそれまでダミーを投げては取らせる、というトレーニングをアシカとほとんど行ってなかった。理由は、彼女を熱くさせないためである。アシカはなにしろ「口に鳥をくわえたまま」生まれてきたような犬。回収欲に溢れたフィールド系のラブだ。このタイプのレトリーバーに「投げては取らせる」という視覚的刺激を幼い時から与えすぎるとその時の興奮が頭に焼きつき、興奮行動自体が癖になるような気がした。パッシブ・トレーニングの項でも述べたが、レトリーバーとしてのもう一つの猟技は向こうで鳥が落ちても、そしてそれをどんなにすぐに取りに行きたくてもコマンドが出るまで静かに待てるという能力である。

他の犬たちが回収している最中、伏せをして待つアシカ。「今は自分の番ではないのだ。期待するのはやめよう」という態度をトレーニングしているところだ。

早速、アシカとマーキングの特訓を開始した。ところがやってみて大変なことに一つ気がついた。彼女、マーキングがえらく下手くそなのである。投げても、ピンポイントでダミーの落ちたところにいくことができない。ど〜して?とよく観察してみると、人へのコンタクトがいいだけに、私が投げるとダミーではなく、私をずっと目で追ってしまっているのだ。鳥が撃たれているときの「正しい」レトリーバーの態度というのは、ハンドラーとアイコンタクトをとることではない。落ちる鳥(ダミー)の行方をじっと集中して見つめていること!

あとになってブリーダーのSさんに

「あらら、だめだめ。マーキングをトレーニングするときは絶対に自分で投げちゃー。他の人に投げてもらって!」

とアドバイスをもらった。なんだ、もっと早く言ってよ〜。アシカみたいな間違えを犯すフィールド系のレトリーバーは決して少なくないそうだ。ただしこれまでに3頭のカーリー・コーテッド・レトリーバーと暮らしてきたのだが、このマーキング能力において特に苦労したことは一度もなかったのだ(ダミーはたいてい私が投げていた)。てっきり犬というのは皆自動的に落ちたところを覚えているものだと思っていた。特にラッコ(今飼っているカーリー)はどんな地形でもまっすぐにダミーが落ちているエリアにつっこんでいった。それだけ実はラッコのマーキング能力はとてもすぐれていたんだ、と今にしてわかった。やはりいろいろな犬と付き合ってみるものである。

そんな訳で、マーキングができない犬をどのようにトレーニングするか、これは私のレトリーバー・キャリアの中で初めてぶつかる課題であり、非常なチャレンジとなった。この続きは次回までお楽しみに!

【関連記事】

アシカ、初のレトリーバー競技会に出る!
文と写真:藤田りか子 ヨーロッパのレトリーバー世界にはいくつかの競技会のタイプが存在する。フィールド・トライアルと言われているのがその一つ。もちろん...
パッシブ・トレーニング
文と写真:藤田りか子 アシカの初めてのフィールドでのパッシブ・トレーニング。向こうで他の犬たちが働いている間、落ち着いていることが大事。上手...