イギリスで高まるフレンチ・ブルドッグ人気、そして広がる健康問題

文:尾形聡子

[photo by bitslammer]

日本のみならず世界的にも小型犬人気が高まっています。イギリスのケネルクラブ(KC)では近年フレンチ・ブルドッグが登録頭数を急激に伸ばし、2017年には長年不動の人気を誇っているラブラドール・レトリーバーに続いて二番目の登録頭数となりました。その勢いはいまだ衰えず、今年のうちに登録頭数が逆転するのではないかといわれています。

日本でもフレンチ・ブルドッグは安定的な人気を見せています。JKCでの登録頭数は2007年をピークに低下しているものの、2017年は9位とトップ10入りが10年以上続いている状況です。

フレンチ・ブルドッグの人気を危惧する獣医師の長坂佳世さんは、『「犬は自然に走る生き物。怪我することを恐れすぎないで」~獣医師、長坂佳世さんインタビュー(3)』の中で以下のようにお話されていました。

「ダックス、チワワ、トイプードルときて、今はフレンチ・ブルドッグも流行っているみたいです。白いフレブルです。そもそもフレンチ・ブルドッグは脊椎の異常がほとんどの個体で見られるんです。本当にまれに正常な脊椎を持つ犬もいますが。それでも神経症状をあまり出さない不思議な犬種でもあります。また、人気がでたために乱繁殖されているからなのでしょうか、最近リンパ腫が増えているようです。ゴールデンやフラットコーテッドが流行って腫瘍が多かったのと同じような現象ではないかと危惧しています。フレブルに限らずどの犬種においても、乱繁殖が行われると腫瘍が出やすくなるのではないかとも感じています。」

このように、人気犬種は繁殖そのものにも問題があることが多く、病気を抱えた個体が増える可能性は否定できません。そしてそのような状況は日本に限ったことではなく、人気犬種の王座につこうとしているイギリスでのフレンチ・ブルドッグにもさまざまな健康面での脆弱性が見え始めているようです。

最も多かったのは皮膚の病気

王立獣医科大学(Royal Veterinary College)の研究者らは、2013年にVetCompass™データベースに集められた304の動物病院からフレンチ・ブルドッグ2,228頭(データベースの犬全体の0.49%)の健康状態を解析し、その結果を『Canine Genetics and Epidemiology』に発表しました。

フレンチ・ブルドッグの年間の出生頭数は2003年の0.02%4から2013年には1.46%に急上昇。年齢の中央値は1.3歳で、ほかの犬種では4.5歳だったことから、このところのフレンチ・ブルドッグ人気をあらわす数値が示されました。最も多い毛色はブリンドル(32.36%)、次いでフォーン(29.9%)、3番目はブラック(18.4%)でした。

2,228頭のフレンチ・ブルドッグのうち、1,612頭(72.4%)が少なくとも一つの健康問題を抱えていました。最も多くみられた病気は皮膚炎(17.9%)で、次いで腸疾患(16.7%)、耳疾患(16.3%)、上部呼吸器疾患(12.7%)、眼疾患(10.5%)でした。診断名でみると、一般的に見られた病気は外耳炎(14.0%)、下痢(7.5%)、結膜炎(3.2%)となっていました。

また、オスはメスに比べて病気を抱えがちであることも明らかに。一般的な26の病気のうちオスはメスより8つについて罹りやすい傾向がみられましたが、メスはオスより罹りやすいものはなかったそうです。

研究者らは、フレンチ・ブルドッグの外見的特徴、短い鼻と大きな目といういわゆる短頭種の持つ特徴が、健康面でのリスクを高めている可能性があるとしています。たとえば12.7%の犬に見られた上部呼吸器疾患などは広く短頭種における健康問題でもあり、また最も多くみられた皮膚炎は、皮膚に寄ったしわが原因かもしれないといいます。つまり、犬種の特徴でもあるその外見がより極端になることが、フレンチ・ブルドッグの健康を脅かしているかもしれないのです。

急激な人気により、現在生きているフレンチ・ブルドッグには若い個体が多かったことから、年齢が高まっていけばこれらの病気が一般的になるだろうことにも注意が必要だといっています。

フレンチ・ブルドッグだけでなく、短頭種の健康問題は深刻になっている?

一般的な市場の原理として、需要が急増すれば供給を満たそうと、無理な繁殖が行われる可能性が高まることが考えられます。仮にその国に繁殖における法的な規制があるとしても、それを無視する、または国外ルートから輸入するなどして需要を満たそう(高く売ろう)とする人々が出てくることでしょう。そしてフレンチ・ブルドッグをはじめとする短頭種は、産道に対して赤ちゃんの頭が大きいことから難産になりやすく、帝王切開の割合が高いことでも知られています。

また、以前の研究では、短頭種の飼い主は短頭種に起こりがちな呼吸障害の兆候を”正常”として片づけてしまい、大目に見てしまっているという結果も出ています。もちろん、短頭種特有のいつまでも子犬っぽい可愛らしさは人々の心を惹きつけてやまないものです。しかし、あまりにも極端な身体的特徴は呼吸器問題や目のケガ、皮膚の病気、歯並びの問題、嗅覚の低下、難産といったさまざまな健康問題を引き起こす原因にもなることを、ひいては犬たちの福祉を脅かしていることを知っておくべきだと思っています。

【関連記事】

運動ギライは呼吸がしにくいせいだけじゃない?~パグの3頭に1頭が歩行に異常をみせている
文:尾形聡子   チワワ、シーズー、フレンチ・ブルドッグ、パグ、キャバリア、ペキニーズ・・・2017年の1年間にJKCに登録された犬種...
たとえば、短い鼻の犬はいびきをかくのが「正常」なのか?
文:尾形聡子 もともとは長かった鼻が短くなるように人が選択繁殖していった結果、極端に短い鼻を持つようになった短頭種の犬たちは、その骨格の変化...
「犬は自然に走る生き物。怪我することを恐れすぎないで」~獣医師、長坂佳世さんインタビュー(3)
文と写真:尾形聡子 犬猫のリハビリテーションを専門とする『D&C Physical Therapy』の院長であり、獣医師の長坂佳世さ...
健康問題を抱えがちな短頭種を選ぶ理由は?
文:尾形聡子 小型の短頭種人気はここ日本ばかりか、欧米やオーストラリアなど世界的に見られる傾向です。一方で、短頭種はその形態的な特徴から気道...

【参考文献】

Demography and disorders of the French Bulldog population under primary veterinary care in the UK in 2013. Canine Genetics and Epidemiology, 5:3, 2018