短足と椎間板疾患に共通する遺伝的背景が明らかに

文:尾形聡子


[photo from UC DAVIS]

長年不動の人気を誇るダックスフント。彼らの姿に見慣れている私たちは、足が短い犬種がいることに何ら違和感を持たないかもしれません。しかしそれは、犬が得た新しい形質であるのと同時に、軟骨異形成(Chondrodystrophy)と呼ばれる病気でもあります。そして、ダックスのかかりやすい病気といえば椎間板ヘルニアと、短足胴長犬種は腰が悪くなるというイメージがすっかり定着している感もあります。短足と椎間板ヘルニア、実際にこれら二つの特徴には共通した遺伝背景が関係していることが明らかにされました。

レトロ遺伝子とは

本題に入る前に、レトロ遺伝子(retrogene)についての説明を簡単にしておきたいと思います。

【こちらは有料ブログです。続きを読むには「ログイン」して下さい。会員登録はこちら