なぜ草を食べる?犬の問題行動?

文と写真:藤田りか子

アシカはよく草を食べる。以前飼っていたレオンベルガーのクマは滅多に食べず、食べた場合は、しばらくして吐いたものだ。アシカの場合吐きもしない。まるで日常の食のメニューのごとく、散歩に出れば牛のようにむしゃつく。

草を食べることが習慣化して、ついにアシカは草食べを「自分の気持ちを落ち着かせる」手段として活用するようにもなった。例えば「おしっこ!」の合図を私が出している時。実は彼女は尿意をもよおしていないのだが、私がいい続けるために何をしたらいいかわからなくなり、とりあえず足元の草を食べ始める、といった具合だ。あるいは「玄関に入りなさい!」と命令する時、まだ家の中に入りたくなくて躊躇すると突然草をむしゃむしゃやり出す。明らかに転位行動だ。草食べを社会行動として行なっていることもある。他の犬と一緒にいる時など、相手の犬が草を食べ始めると、自分も食べ始める。

「草食べ」の二つのパターン

アシカに出会ってから「犬はなぜ草を食べたがるのだろうか?」と初めて真剣に考えるようになった。韓国の獣医師の報告では、7年間もの間草を食べては吐き続けるトイプードルに、それまで食べていたフードよりも繊維質の高いフードを与えたら、三日後に草食べもそして吐くこともなくなったと言う。一方、オーストラリアの調べでは、12匹の健康な犬を使って実験。どの時間帯で一番草を食べるのかを調べたところ、朝食前に最も草を食べたとのこと。つまり、お腹が空いている犬ほど草を食べたのだ。これら報告をサポートするがごとく、私の住む最寄りの獣医さんの話では

1. 本当にお腹の調子が悪いから草を食べる(そして吐く)

2. 健康な犬がただ単に食べたいから草を食べる(理由はなんであれ)

という二つパターンに犬の草食べは分かれるという。ただし前者のタイプは稀。

以前出会ったことがある犬のホメオパシーと鍼をやる先生は、犬は特にシバムギ(ヨーロッパ原産の牧草、庭の雑草でもある)が好きで、これを食べて腸内環境を整えて善玉の細菌を増やしている、と話してくれた。

理由はともかく、犬にとって草がいかに大事な食生活の一部をなしているのかがわかる。この意味で、草食動物の糞も草とどこか似たような役割を担っているのかもしれない。アシカがうちに来て間もないほんの小さな頃、彼女は鹿のコロコロとした糞を野原に見つけては、好んでよく食べていた(彼女は他の犬の糞は食べない)。本当はあまり食べて欲しくないものの、糞を食べた後の彼女のウンチの状態を見て、意見を変えた。なんとも締りのある美しい便が出てきたからだ!ドッグフード(獣医クリニックでも売っている有名ブランドのものだ)だけ食べている時のものとは比べ物にならない。


我が家の周りにはノロジカという種類の鹿がたくさんいる。ベランダの外で草を食んでいる

おそらく鹿の糞はグリーントライプと同じ効果があるのかもしれない。グリーントライプとは牛などの反芻胃の胃壁であり、ドッグフードのトッピングとして与えると腸内環境を整えて健康にいいといわれる。イギリスのとある犬舎を訪れた時だが、そこのブリーダーが肉屋から犬のためにトライプを大量に仕入れていた。なんとも羨ましい環境だ。スウェーデンには肉を屠殺したところから直接売るというシステムがなく、人の食用にならないだけにグリーントライプは手に入りにくい。しかし、家の前にある野原に鹿の糞が転がっているのはちょうどよかった。何と言っても無料だ(アシカの獣医さんによると犬が元気である限りは鹿の糞に病気や寄生虫の心配はほとんどなし、ただし特に食べるのを推奨するものでもないということだ)。

健康な犬であれば、問題行動ではない

どうして草を食べるのか、学術的にまだこれとはっきりとはわかっていないようだ。でも、体に良いものだから、たとえ調子が悪くなくとも自然に「食べたい」という欲求が体から湧き出てくるだけなのかもしれない。私たちだって、胃腸の調子が悪くなくとも、ヨーグルトを食べたいと思うではないか。中には、犬に草を食べさせるのはよくない、と見なす人もいるようだが、犬として自然な行動である、決して問題行動ではない、と前述のオーストラリアの研究報告にも記されている。となると犬のメンタル充足のためにも、禁止せずに草を食べさせてあげたいものだ。ただし除草剤が撒かれているようなところの草は厳禁である。

また植物の中には犬にとって危険な種類もある。参考までに以下のサイトをどうぞ。

≪気をつけて!≫身近にある 犬にとって危険な植物まとめ - NAVER まとめ
ワンちゃんとお散歩・・・ワンちゃんと一緒にガーデニング♪楽しいですよね。でも、気をつけてください!犬にとって有毒な植物があるのです。

【関連記事】

犬が草を食べるのはなぜ?
文:尾形聡子 散歩中、愛犬が草をムシャムシャと食べることはありませんか?だいたいにおいて、細長く、葉脈が縦に伸びているような植物の葉を食べる...