猫との共存のために犬に知ってもらいたいボディランゲージ

文と写真:藤田りか子

[Photo bybrando]

犬は猫に怒りを感じている?

子供の頃夕方「トムとジェリー」というアメリカMGMのアニメがよく放映されていた。猫のトムはネズミのジェリーを追いかける一方で、トムは必ずブルおじさんという犬になぜか怒りを買って追いかけられていた。

そう、犬は猫を追いかけたがる。ただしブルおじさんのように犬は猫に怒りを感じているわけではない。猫の素早い動きが狩猟欲をくすぐるのだ。

昔我が家にいたC.C.(しし)という猫は犬と折り合うのが下手であったが、もう1匹のNezumiというネズミ色をした猫は、犬と上手に付き合うことができていた。2者の違いは、Nezumiは犬に直面しても決して逃げ腰にならなかったこと。それどころか、尾をあげて、体を犬に擦り付けようとした。C.Cは、犬を見るなりすぐに逃げる。これが犬の狩猟欲(追いかけたい)を刺激してしまう。だから、追いかけれるC.Cはよりいっそう犬を恐怖に感じ…と悪循環になるのであった。とほほ。

猫に「犬を怖がらなくてもいいよ」とトレーニングするのはまず無理だろう。でも、「猫を怖がらせないように」というトレーニングを犬にするのなら、可能だ。でも、どうやって…?

犬のボディランゲージを変えてみる

【こちらは有料ブログです。続きを読むには「ログイン」して下さい。会員登録はこちら