発情期のメス犬はお家に引っ込んでいてください、と?

文と写真:藤田りか子

[Photo by nancy waldman]

海外へ移住をしてかれこれ30年ぐらいになるのだが、こうなると故郷の国ながら、日本の犬事情については、もはや知らないことの方が多くなっている。たとえば、発情期のメスに対する日本の愛犬家の間での捉え方だ。それに初めて気がついたのは、Facebookに寄せられたコメントから。ラッコが2歳の頃、環境訓練の一環としてドッグショーに連れて行った。そこでの写真をFBに投稿して

「発情期のメスと一緒にリングの外で待機。ラッコは行儀よく振舞ってくれた」

と記した。それに対して、友人たちが驚いたようにコメントをしてきた。

「日本では考えられないです、犬が集まるところに発情期のメス犬を連れてきていいだなんて。オス犬の飼い主さんがコントロールできて当たり前なんですね」

「やっぱり、発情期の犬は散歩なしでおうちに閉じ込め!ではなく、発情期のメスにオス犬が慣れろ、がルールでしかるべきだったのですよね」

とか

「そうか、オス犬が慣れるべきなんだ!」

などなど….!

あれあれ、そうじゃないの?!

と驚いたのは私の方であった。

【こちらは有料ブログです。続きを読むには「ログイン」して下さい。会員登録はこちら