そろそろウォータードッグの季節!

文と写真:藤田りか子

水好きの犬だからこそ。ドイツの多様目的ガンドッグ、ヴァクテルが水場に来ただけで興奮して震え始めた。ハンターが行きたい欲を抑えているところ。

5月に入れば気温はジワリと上がってきて、これぐらいの季節から犬を水場に連れてゆきたくなる。果たして当の愛犬は水好きか、否か?これは個人差によるところが多いけれど、犬種によっては水好きの犬が多いという傾向はある。とくれば、オバマ氏の愛犬として有名になったポルチュギース・ウォーター・ドッグなぞ、その筆頭になりそうだ。何しろ読んで字のごとく、ウォータードッグとは水犬以外なにものでもない。

ポルチュギースに限らず世界にはたくさんのウォータードッグがいる。水場で仕事をするのがその歴史的役割だ。そしてこの部類の犬は、それだけでひとつのカテゴリーが組めるほど、実は非常に範囲が広い。のみならず歴史的にも古い種群にあたる。ラブラドール・レトリーバーだって、あるいはプードルですらウォータードッグのカテゴリーに属する。

犬の水関係職業で代表的なものには以下の種類がある。

  • 水難救助犬
  • 漁犬
  • 水鳥猟犬

本当は探せばもっとあるのだが、ここまでにしておこう。これら犬たちの仕事には共通項がある。その基本は、

「水に濡れたくない人間の身代わりとなって、何かを回収すること」

だから多くのウォータードッグは物品欲が強い。物品欲というのは、ものをくわえたがる性質をさす。しかし、ああ、ほんとによかった。犬が水好きで。何しろ自分から入りたがっているのだから、水場に送り出しても、こちらに罪悪感というものが沸かない。それに引き換え人間はちょっとでも靴の中に水が浸みただけで、大変な不快感を感じるものだ。

ゴールデンレトリーバーもウォータードッグ。水場での回収技はこのとおり!鳥をくわえ、嬉々として泳いで帰ってくる。

水鳥猟犬にあたる犬種が世界で一番多い。アイリッシュ・ウォータースパニエル、レトリーバー全6種、オランダの珍犬ヴェッターフーン、アメリカのアメリカン・ウォータースパニエルしかり。そしてフランスなぞは、得たいの知れない巻き毛の水鳥犬がゴチャゴチャといろんなローカル名で存在しており、もういちいち犬種名をあげていられない。

ポルチュギース・ウォーター・ドッグは、漁犬の部類に入る。これは非常に珍しいお仕事なのだけれど、もう一種同じような仕事をする犬がいる。ポルトガルの隣国スペインのスパニッシュ・ウォーター・ドッグだ。水に浮かぶ漁師の網や、網から零れ落ちた魚を回収したり。

カナダ出身の巨大犬、ニューファンドランドも似たような仕事をしていた。しかしこちらは、そのデンとした図体を活かして、水難救助犬としての活躍の方が名高い。ちなみにレオンベルガーも水が大好きな犬で水難救助犬として使われている。

ポルチュギース・ウォーター・ドッグの親戚犬にあたるスパニッシュ・ウォーター・ドッグ。

ここで水場の回収技で遊ぶときのワンポイント・アドバイス。水場に来ると、水好きの犬なら、キューキューいいながら興奮することもあるだろう。回収技をきちんと犬に入れたいときは、まず陸でしっかり訓練をしてから。その反対にしてしまうと、陸では回収してくれない犬になるリスク大。また水場でのストレスにまいあがり、回収するにはするが、いい加減な回収でおわってしまう。そうすると勝手に物品を口から出してしまうというような、悪い癖もついてしまう。気をつけて!

(本記事はdog actuallyにて2009年4月22日に初出したものを一部修正して公開しています)

【関連記事】

犬の水好き本能を考える
文と写真:尾形聡子 ゴールデンウィークも過ぎ、水遊びのしやすい季節になってきた。 水好きの本能を活かして水場での作業を行なってきた犬種...
ラブの水好き本能は、今の時代も健在か?
文:尾形聡子 これから夏にかけて水好きな愛犬と川や湖へと足を運ぼうと楽しみにしている方も多いことでしょう。人からすれば、水遊びは夏場のものと...