北欧のヘラジカ狩とスピッツ猟犬

文と写真:藤田りか子

スウェーデンではもっともポピュラーなヘラジカ猟スピッツ犬、イェムトフンド。オオカミのような見かけが特徴だ。仕留めたヘラジカの頭を食べているところ。

ヨーロッパは今、猟のシーズンたけなわ。私の家の裏はちょうど猟師のたまり場になっていて、朝早くから、コンビやら4WDっぽい車でどしどしと乗り付けてくる。その中に、一つだけ犬を連れている車があって、その人がその日の猟犬のハンドラーとなる。これから始まるのは、ヘラジカ猟だ。その数約30万頭で、狩られるのは10万頭。北欧ならではの10月〜1月に及ぶ文化行事。この国では、貧富に関係なく多くの人がハンターになれる。要は、猟野を持っている人に招待してもらえればよし。もちろんそのためのお金は出さねばならないが、イギリスに比べればたいした額ではない。

ヘラジカ猟で活躍する犬というのが、たいていは北欧原産のイェムトフンドという狼によく似たスピッツ犬。スウェーデンではゴールデンやシェパードに並び登録数の多い犬のひとつである。あるいは、ノルウェー原産のノルウェジアン・エルクハウンドと、これら2種が定番だ。が、時にもっとローカル色の強い犬が現れることもあって、フォーンにブラックマスクが特徴のヘレフォシュフンド、スウェーデンのダーラナという中北部から北では、ホワイト・ムーススピッツも使われる。そしてフィンランドの方に近づけば、ロシアのライカというスピッツも活躍する。場所によって猟犬がさまざまということは、地方色が残っているということで面白い。

スウェーデンの中北部でよく見かけるスウェディッシュ・ホワイト・ムーススピッツ。森の中でその姿がよく目立つ。それでこの犬を好んで使う猟師がいる。

ヘラジカ猟では絶対にトライカラー系のハウンド犬は使われない。ハウンド犬は追い回す一方だから、ヘラジカには向いていない。彼らは北欧ではウサギ猟に使われる。ヘラジカ猟といえば絶対にスピッツ犬なのだ。ヨーロッパでスピッツがこれほど猟に使われる国は北欧(あるいはロシア)をさし置いてほかにナシ!実は日本犬も北欧に連れてくれば、十分ヘラジカ猟犬として成り立つのではないかと、ひそかに思っている。猟での技は同じだ。鹿を見つけて、吠えてとめておくこと。一人のハンドラーに一匹の犬。こんな猟形態をもっているのは、いまどき北欧、シベリア、そして日本ぐらいではないのか。

パック(集団)のハウンドで馬に乗りながらゾロゾロとアカシカの狩猟を行うのは、ヨーロッパのルネッサンス時代に栄えた猟形態だ。しかし私は北欧風の静かなハンティング形態の方が好きである。日本人のメンタリティにぴったりではないだろうか。瞑想すらできる。

猟はまず集合場所の焚き火から始まる。朝7時。朝もやの薄暗い森の片隅。すでに火はパチパチと燃え盛り、炎のオレンジ光がほのかにハンターの顔を照らす。モスグリーンの狩猟服を身につけて、狩猟協会のロゴの入ったオレンジのバンドをつけた帽子を脱いで、オジサン達が互いに挨拶をかわす。ヒソヒソとほとんど聞こえないぐらいに。ここまでは、北欧人はなかなか物静かなものである(しかし猟の後、ドイツ製のイェガレー・マイスターというシュナップスを飲む頃にはかなり陽気になっている)。

トランプのカードがハンティングのリーダーによっておのおののハンターに差し出される。森のどの場所で待機するか、というクジである。ある人はがっかりし、ある人はきっとこの場所なら撃てるチャンスがいっぱいとほくそ笑む。しかし、なんといっても猟の勝敗は、ヘラジカを探しだす犬の双肩にほとんどがかかっている。そこがとても面白い!このテクノロジーの時代にこれほど犬に頼らなければならないことがあるなんて、うれしいことではないか。猟野は数十ヘクタールの広大な針葉樹の森。ここに犬を放つ。ちなみに北欧は、ほかの国と異なり、犬を野山に放し獲物を探すことが許されている。そして彼らがそのよく効く鼻で森に潜むヘラジカを探し出してくれる。彼らの能力がなければ、この猟はとても成り立つまい。

世界一大きな鹿、ヘラジカ。スウェーデンには約30万頭存在する。肉はハンターの間で等分される。ヒレ肉は、グリルであぶってローストビーフのようにして食べると最高!フルボディの赤ワインがよく合う。ソースは森で摘んだキノコをもとに。犬に助けてもらって、自然の恵みをとことん味わえる、これぞ北欧の森林ライフスタイル!

根本的に猟は、おのおののポジション(スウェーデン語でパス〈pass〉という)について待つ人(その数は私のパーティでは約15人、つまり15パス)、そして一人の猟犬のハンドラーで成り立つ。パスにつけば、無線で狩猟リーダーの指令が下されるまで動いてはいけない。というわけで、ヘラジカ猟というのはひとつの場所にとどまり、いつやいつや、ヘラジカが目の前に現れてくるか、待つことに他ならない。

狩猟は残酷という人がいるが、いやはや…、この寒さの中でずっと待っている辛さや、なかなか鹿が前に現れず撃つチャンスがないことを考えると、かなりのフェア(=公平)ゲームだと思う。それに地域によってどれだけの数のオス、メス、子鹿を撃てるかは定められている。そして視界に最初に現れたメスを最初に撃つことは厳しく禁じられている。というのも子供を連れた母鹿かもしれないからだ。メスが現れたら、まず子鹿がいるかどうか、確かめる必要がある。お母ちゃんがいなければ小鹿は生きられない。この倫理は狩猟家の間でよく守られている。

一旦決められたパスにつけば、あとは独りでじっとすわっているだけ。寒さでかじかんだ手を温めながら、犬の吠え声がするのをひたすら待つ。犬が吠え始めれば、(犬が)鹿とコンタクトを取っている証拠だ。吠えた後静かになれば、それは追って走っていることを意味する。ときに風が強くすべての音をかき消してしまうこともある。そうなると、必死に耳をそばだてる。そして遠くに犬の吠え声を聞きとろうと集中する。

1時間半後、水筒のコーヒーを飲みきり体が冷えきった後、待ちに待った犬の吠え声が遠くに聞こえてきた!なかなかいい調子で鳴いているではないか。無線でどこにハンドラーと犬がいるかを確かめて、ヘラジカが現れそうなところに視線を釘付けにしておく。自分のパスで撃てることはほとんどない。なにしろ15分の1の確率。それでも人々は猟に戻ってくる。森の静けさに包まれたく、そして犬の吠え声を聞きたくて。

(本記事はdog actuallyにて2009年10月21日に初出したものを一部修正して公開しています)

【関連記事】

デンマーク狩猟紀行と猟犬たち
文と写真と動画:藤田りか子 デンマークは北部ユトランドに赴き狩猟犬の活躍を見に行った! キラキラとした夏が終わり雨がちな秋そして厳寒な...