フィンランドの教育に学ぶ、愛犬との間の取り方

文と写真:藤田りか子

今から9年前にフィンランドの子供教育について本を著した。『知識ゼロからのフィンランド教育』(幻冬舎)。北欧人特有の犬との上手な付き合い方、適度な間の取り方についてもいいヒントとなる。

国民性と犬との付き合い方には、ある傾向が存在すると思うのだ。非難を承知、独断と偏見に基づいて言わせてもらえば、

  • 人情を大切にする国民は犬との付き合い方は概して下手
  • 人との社交である程度距離を置くクールな国民は概して犬の扱いが上手

後者に関しては、たとえば北欧フィンランドとかドイツとか…。

さらなる独断を許してくださるのなら、国が南に位置しているほど(南欧あたり)、社交が大事な文化で人情に厚い。しかしどうも野犬が多かったり、しつけがままなっていなかったり、ペットに関しては割合自由奔放。一方北にいくほど、個人主義でクールだがその分理性的。よって犬の飼い方についても、しっかりとマネジメントが行われている。しかし、一体なんだろう。この差は気候のせいなんだろうか?

実は今回北欧フィンランド教育について本を出した。それを書くために取材をし、フィンランド人メンタリティとやらを学ぶことができた。そして私が住むスウェーデンのそれと併せて考察し、以上のようなセオリーを出してみた次第だ。

フィンランドはヨーロッパでも有数の犬大国だ。きちんとしたブリーディングを行うからドッグショーでもすばらしい結果を出しているし、犬のトレーニングについてもピカイチ。アジリティの世界に有名なハンドラーが幾人もおり、セミナーのために来日したハンドラーもいる。そしてご存知、フィンランドは教育の面で今非常に注目を浴びている。子供たちの学力は世界一。不思議なのはフィンランドには塾もなければ、日本のようなヒステリックなまでの大学進学熱もない。規律正しいけれど、割合みんなのんびりしている。

アジリティやオビディエンス競技会では常に上位にランクするフィンランド。2008年のワールドドッグショーから。

日本と根本的にどう違うのか。フィンランドのいくつか家族や小学校、幼稚園を訪問してみたときに、あることに気がついた。

【こちらは有料ブログです。続きを読むには「ログイン」して下さい。会員登録はこちら