パピー・ノーズワーク、失敗したときの「犬」じゃなくて「己」の対処法

文と写真と動画:藤田りか子

3ヶ月齢のミミチャン、ノーズワークのサーチで「お座りでじっと見つめる」というインディケーションもできるようになった。

パピー・ノーズワークの続きだ。

パピーのことだから、成犬とは違い集中力があまり持続せず、失敗することもあるだろう。そこでがっかりするあまりに、トレーニングを途中で放り出したくなるかもしれない。いや、そこはちょっと頑張って堪えてみよう。失敗をしたら

「こんなの誰にでもあることさ!一流のトレーナーだってやっている!」

と一旦深呼吸。ここぞ、己のメンタル強さがものを言うとき。そこまでメンタル強くないという人も、むしろ自分を鍛える良い機会とポジティブに捉えられたい。犬のトレーニングは、犬をどうこうするだけで完成するものでもない。常に己と向き合うことも含まれる。自分の何が

【こちらは有料ブログです。続きを読むには「ログイン」して下さい。会員登録はこちら