パピー・ノーズワークのハウツーそして早期トレーニングの意味

文と写真と動画:藤田りか子

アシカの子犬のミミチャンにノーズワークを試したのは彼女が5週齢の時であった。だが当時、彼女は嗅覚を使って探しているようには見えなかった。どちらかというとそれはターゲットトレーニング。二つのうちどちらかの容器に鼻をつければ、クリッカーがなる。それをミミチャンは理解した。いや、ただし、すでに5週目でそこまで理解するものなんだと正直驚いた。そして5週目にしてノーズワークをマスターしてもらおうという試みは無理であることもわかった。

このような場合

【こちらは有料記事です】

続きを読むには「ログイン」して下さい。

ご購読いただくと続きをご覧いただけます。

今すぐ会員登録して続きを読む