未知との遭遇!そのとき子犬は人からの情報を手掛かりにするか?(社会的参照)

文:尾形聡子

[photo by amberjean]

たとえば散歩中。道の向こうから小さな子どもと母親が近づいてくることがあります。まだ犬という生き物をあまり理解していない幼児ならば、“これは何?近づいて大丈夫?”と母親の表情をうかがうことがあるでしょう。そんなとき、母親が“かわいいワンワンだねえ”などとニッコリしながら話かければ、その子どもは安心して犬とすれ違うことができたりするものです。

社会的参照とは?

子どもは成長していく過程で、見知らぬ物事に遭遇してその対応に迷ったとき、親やごく近しい人の表情や雰囲気などの感情情報を手がかりとして自分の取る行動を決めます。この行動決定の過程は“社会的参照(Social referencing)”と呼ばれ、社会性を培っていくうえで必要とされる能力です。

社会的参照は2つの行動パターンから成り立っています。まず、新奇の物事と社会的パートナー(親など)とを見比べ、参照できる情報がないか探ります。つづいて社会的パートナーが見せる感情的な手がかりに基づいて行動します。自己判断ができないため、親などから肯定的な感情を読み取れば肯定的に、否定的な感情を読み取れば否定的に行動を取るといったものです。

人の子どもの場合、社会的参照は1歳前後からみられる現象として知られています。生まれてからまもなくの間は自分と養育者の2者関係しかありません。しかし成長するにつれ、自分と他者(養育者)、対象の3つの関係性を認識できるようになっていきます。社会的参照は、そうして初めて成立する能力です。

対象物との遭遇が初めてならば、さまざまな経験を積んだ大人にも社会的参照は起こりうることです。見たこともないような奇妙な物体が突然目の前に現れたとします。一緒にいた友達がそれに対して恐怖の反応を示したならば、まずは自分もその物体を回避する行動をとるでしょう。いきなり近づいたり触ってみたりしようとは思わないはずです。このように、社会性のある生物は他者からの感情情報を参照して自分の行動を決めることが往々にしてあります。

では犬の場合はどうでしょう。人間での関係性に当てはめれば、子どもと親は犬と飼い主のそれと近いものとなりますが、これまでの研究で、成犬は飼い主の表情や声を手掛かりとして、新奇な物体への接し方を変化させることが示されています。また、情報を提供する人が飼い主から見知らぬ人になると、犬の行動変化が小さくなりました。つまり、参照度合いは犬とその人との関係性に影響されることも示唆されています。

成犬における人からの社会的参照行動は示されたものの、子犬の場合にはどうなるのでしょう。なにが危険でなにが安全かを自分で判断するだけの経験値を持たない8週齢のころの子犬は、はたして社会的参照をするのでしょうか?犬の認知研究の最先端を走り続けるハンガリーのエトベシュ・ローランド大学の動物行動学研究プロジェクト『Family Dog Project』が子犬の社会的参照を調べる研究を行い、結果を『Animal Behaviour』に発表しました。

[photo by Elena Giglia]

子犬はもれなく母犬を社会的参照する

実験には母犬や同腹の子犬と一緒に暮らしている、さまざまな犬種の8週齢の子犬48頭が参加。人または犬の存在下で、子犬が初めて目にする物体にさらされる状況を作りました。使用された物は二つ。ひとつはプラスチック製のバケツで、聞きなれないギシギシする音やサイレンの音をうるさく鳴らすスピーカーが入っていました。もうひとつは風になびくリボンのついた首振り式の扇風機でした。

未知の物体を見た8週齢の子犬が、同じ生物種の犬からの情報を参照するかどうかを確認するために、実験は三つのグループに分けて行われました。グループ①は、事前に2つの未知の物体に慣れさせておいた母犬と一緒に、グループ②は事前に2つの未知の物体に慣れさせておいた見知らぬ成犬と一緒に、グループ③は子犬だけ、というものです。

母犬がリラックスした状態で部屋にいたグループの子犬たちは、未知の物体に近づいていく探索行動をもっとも頻繁に見せました。これは人の幼児が母親を参照するときと同様で、近くにいるリラックスした母犬の存在が、未知の物体に近づき何かを確認するための“安全なよりどころ”(secure base)として機能していることを示唆するものでした。(安全なよりどころについては、『犬の飼い主に寄せる信頼と、子どもの親に寄せる信頼の類似性』をご参照ください)

また、見知らぬ成犬と一緒のグループの子犬は、未知の物体を探索するも、母犬と一緒のグループよりもその頻度はずっと低くなりました。子犬だけのグループでは未知の物体にほとんど近づくことはありませんでした。これらのことより、子犬は信頼できる母犬からの情報を参照し、行動を変化させていることが示されました。

子犬は人からの情報も参照するか?

次に、成犬を女性に置き換えてのテストが行われました。テスト前、子犬たちは1時間ほどその女性と一緒に過ごし、その女性に慣れ親しんだ状態になっていました。テスト条件は3つ設定され、ひとつのグループでは、女性は笑顔で幸せな声を出すといった肯定的な感情表現をしながら、未知の物体と子犬たちの間を行き来するというものでした。ふたつめは、女性は未知の物体に対して感情表現をせず、中立的な状態で同様の行動をとりました。3つめのグループは女性はおらず、子犬たちだけというものでした。

その結果、親犬・成犬を使ってのテストと同じような行動を子犬たちが取ることが示されました。女性が肯定的な感情を出しているグループの子犬たちがもっとも頻繁に未知の物体に近づく行動をとり、女性が中立的な感情状態のときには未知の物体に近づく頻度は低く、近づくまでの時間も長くかかっていました。子犬だけのグループは一つ目のテストと同様に、未知の物体に近づくことはほとんどありませんでした。

さらなる実験として、このテスト後1時間たってから、子犬たちは子犬たちだけで再び未知の物体のある部屋に置かれました。すると、最初のテストで見せた行動と同じように行動することが示されたのです。これは、子犬が初めて未知の物体にさらされたときに、女性を社会的パートナーとしてとらえ、再び同じ状況に置かれたときに適切な行動をとるため女性からの情報を記憶として残していたことを示唆すると研究者はいっています。

これらのテスト結果より、子犬は8週齢の時点で社会的参照をする能力を持ち、それを母犬に対してするのと同様に人からもしていること、さらにそれを記憶していることが示されたといえます。そのため研究者は、子犬にとって新しい状況下で飼い主の発する感情的情報が、後に子犬が同じような状況下に置かれたときに取る行動に影響を及ぼす可能性があるとし、子犬時代の社会的参照の重要性を示唆するものだといいます。子犬を迎えたときには、子犬が新しい環境をどのように認識し学習するかにも影響を及ぼす可能性があるため、飼い主はしっかり子犬と過ごす時間を取るべきだとしています。

今回の研究から、8週齢という若齢の子犬でも新たに出会った人を“安全なよりどころ”として信頼し、新しい世界を安全に学んでいくために人から得られる情報を利用していることが明らかにされました。これは、犬と人との長い共生の歴史の中で、人を母犬と同様に信頼できる社会的パートナーとして認識する、と犬たちの遺伝子に刻み込まれつつ進化してきたからに他ならないと感じるものです。

【関連記事】

犬の飼い主に寄せる信頼と、子どもの親に寄せる信頼の類似性
文:尾形聡子 これまでの研究で、子どもが養育者に対して抱く"安全なよりどころ"として感じるベースとなる愛着を、犬も同じように飼い主に対して持...

【参考文献】

社会的知覚から社会的認知ヘ-他者理解の発達-

Dogs’ social referencing towards owners and strangers. PLoS One. 2012;7(10):e47653. 2012

Presence and lasting effect of social referencing in dog puppies. Animal Behaviour. 141: 67-75, 2018

【参考サイト】

Eötvös Loránd University, Ethology news