におい刺激がシェルター犬の福祉向上に

文:尾形聡子

[photo by Pedro Lozano]

動物園動物の飼育環境を改善しようとするところから始まった考え方、環境エンリッチメント。犬曰くの読者のみなさんには、環境エンリッチメントという言葉がそろそろお馴染みとなってきているのではないかと思います。参考までにウィキペディアには以下のように書かれています。

環境エンリッチメントとは、動物の福祉と健康のために、飼育環境に変化を与えること、飼育動物に刺激や選択の余地を与え、動物の望ましい行動を引き出すこと、刺激不足の環境において、種に適切な行動と心的活動を発現させる刺激を与えることなどと定義される。

先日の藤田さんの『ビビリの犬は動物ウェルフェアに関わる問題です』では、子犬時代に受けるさまざまな環境刺激がその後の犬生に重要であることに触れられていましたが、環境エンリッチメントは母体の中にいるときから、そしてこの世に生まれて命をまっとうするまでずっと、犬たちに必要とされつづけるものです。犬に関する環境エンリッチメントについて、詳しくは『犬にとっての環境エンリッチメントとは?~藤田りか子さんセミナーレポート(2)』をご覧ください。

一般の家庭犬たちにも環境エンリッチメントの考え方は大切ですが、やむなくシェルターで暮らす状況に置かれている犬たちにとっても同様に大切です。むしろ、シェルターという場所で環境の刺激の少ない生活を強いられているからこそ、慢性的にストレスを抱えがちになることは想像に難くないでしょう。

そんなシェルターで暮らす犬たちに、環境エンリッチメントのひとつである嗅覚の刺激がどれほど有効であるかを調べた英国発の研究が『Applied Animal Behaviour Science』に発表されました。

さまざまな動物種で確認されている嗅覚刺激のプラス効果

これまでの研究から、さまざまな動物種で嗅覚刺激がいい影響をもたらすことが示されています。たとえば猫やヒョウでは獲物のにおいやキャットニップ(イヌハッカ)、ナツメグが行動の多様性を増やしたり、クロアシネコやチンパンジーでは活動性を高めたりすることが報告されています。また、嗅覚刺激を受けることによりネコ科の動物やテナガザルの常同行動の減少も見られています。

シェルター犬においては、ラベンダーとカモミールのエッセンシャルオイルが休息を促し、吠えを減少させることが示されています。その一方で、ペパーミントとローズマリーの嗅覚刺激はより活動的になり、吠えが増えたとの報告もあります。

慢性的に刺激が少ない生活を送るシェルター犬にとってより効果的な匂いを調べるため、今回の研究では、動物に安全で、猫、ラット、ライオン、アシカなどにプラスの影響があることが報告されているものの中から、手に入れやすいバニラ、ココナッツ、しょうが、バレリアンが使用されました。

においが漂ってくるだけでも違うもの?

研究対象となった犬は18か月齢から9歳までのさまざまな犬種15頭。嗅覚刺激として、ココナッツ、バニラ、バレリアン、ジンジャーのにおいがついた布、コントロールとして無臭の布、布を使わないという6通りのパターンが用意されました。それぞれの布は1日2時間、布を使わない→ココナッツ、→バニラ→バレリアン→ジンジャー→無臭の布という順番で、2日間隔をあけて3日間、食餌の時間と離れている昼間の時間帯に犬舎の中に置かれました。犬は布に直接触れられる状況でした。そして、においにさらされる2時間の間は10分おきに犬の行動が記録されました。

すると、コントロールと比較して各においのついた布にさらされた犬は、有意に吠えとうろつきが少なくなりました。くわえて、ココナッツとしょうがのにおいのときには、睡眠行動を増加させていました。

この結果を受け研究者らは、これらのにおいの刺激を受けることは、シェルター犬のストレスを低下させるだけでなく、受け入れ家族にとって望ましくないとされる犬の行動を減少させる効果を示すものでもあるとしています。広く、シェルター犬の福祉向上に、嗅覚刺激が役立つことを示唆するものだということです。

においを嗅ぐという行為の重要性

においを嗅ぐことは、犬が心身ともに健やかに過ごすために欠かせない本能行動のひとつです。嗅覚刺激のみならず、外界からの刺激が極端に少ないと心身に悪影響がでてきます。長期にわたって、犬が健康に生きていくうえで必要な刺激を受けられない状況に置くことは、いうなれば、ネグレクトと紙一重かもしれません。

また今回の研究から、病気やけが、加齢などで思うように体が動かせない場合には、犬は特定のにおいを嗅ぐだけでも脳に刺激を受けられることが示されたといってもいいでしょう。

そして犬の嗅覚エンリッチメントを向上させる手段のひとつがまさに、ノーズワークです。犬の本能を刺激するばかりか、犬がにおいのもとを探し当てたときには“わかった!”という達成感も感じられ、大いに脳が活性化されているはずです。飼い主とのコミュニケーションも増えて、まさにいいことづくめのドッグスポーツだと思います。

私たちは犬のにおいの世界を直接感じることはできません。しかし、犬にとってにおいの世界がいかに重要であるかということを、より多くの人々に気づいてほしいと思っています。

【参考文献】

The behavioural effects of olfactory stimulation on dogs at a rescue shelter. Applied Animal Behaviour Science. 202, 69-76, 2018.

【関連記事】

ビビリの犬は動物ウェルフェアに関わる問題です
文と写真:藤田りか子 過度なビビリは心のハンディキャップ "のんき者は長生きする"               〜シェークスピア〜 飛行機に...
犬にとっての環境エンリッチメントとは?~藤田りか子さんセミナーレポート(2)
文と写真:尾形聡子(本記事はdog actuallyにて2016年4月19日に初出したものを一部修正して公開しています) 前回に続き、日本ペ...
エウレカ!効果とノーズワーク
文と写真と映像:藤田りか子 犬も人と同様に「あ、わかった!!」という達成感やひらめきに対する喜びの感情があるのは、すでに学術的にも証明されて...
犬も暇にはうんざり!
文:尾形聡子 犬は昼夜問わずによく寝る動物、そんなイメージを多くの方が抱いているでしょう。それもそのはず、人は24時間、犬は7時間の...