パピー・ノーズワークとアシカの競技会デビュー

文と写真:藤田りか子

先日、アシカは初めて公式のノーズワーク・ノービスクラスに参加した。そして満点を獲得。初のサーティフィケートを得ることができた。

ラッコとのノーズワークの楽しさに味をしめた私は、アシカが我が家にやって来てその翌日には、すでにノーズワークを教えていた。本当はまず新しい家庭に慣れてもらおうと一週間はトレーニングを待つつもりだった。しかし、アシカは気質が気丈であった。やって来たその日から環境の変化など気にもせず遊んでリラックスをしていたし、夜はヘソ天で寝ていた。翌朝起きた時に、

「ちょっとぐらいなら試しても…」

と始めてしまった。ちなみにその時彼女の年齢は8週目。ブリーダーのところから来てホヤホヤのちびっこだ。

そんな彼女が、あの日からほぼ一年と20日後の先日、初の競技会デビューを果たした(スウェーデンではノーズワークの競技会に参加するには一歳になるのを待つ)。のみならず、なんといきなり満点を獲得した。つまり4つのサーチにて時間内に全てのにおいを探し当てたということ。おまけに失点ゼロ。満点で失点が3点以内であれば、スウェーデンではディプロマ(サティフィケート)が与えられる。これを三つ集めれば次のクラスで競うことができる。初の競技会、初の満点、そして初のディプロマ。その一週間後に再び競技会に参加したのだが、そこでも満点。インテリア・サーチの部門では優勝を果たした。母ちゃんの誇らしさは想像に難くないだろう。

話はアシカの子犬時代に戻るが、ノーズワークはパピー時代の彼女にうってつけの遊びとなった。練習の仕方は下の動画を参考にされたい。

【こちらは有料ブログです。続きを読むには「ログイン」して下さい。会員登録はこちら