舌をペロリ!その時の犬は何を感じている?

文と写真:藤田りか子

本当にいつもネガティブな感情?

犬が舌を出してペロリとする行動。これ、よ〜く見る仕草ゆえに、いろいろ解釈があるかと思う。お腹をすかせた犬がペロリと舌なめずりをする、というのはアニメでよく見られるものだ。が、実際のところ、食べ物を前にしている犬はむしろよだれをポタポタと落とすことに始終している。

ドッグトレーナーの世界では、舌ペロリは「居心地が悪い」「ストレスを感じている」と解釈されたり、あるいはカーミング・シグナル(相手をなだめるシグナル)として捉えられてきた。学問の世界でも、この行動について色々と解説がなされている。それどころか、犬のウェルフェアの指標としても使われているぐらいだ。例えば部屋に一匹残された犬がどれだけストレスを感じているか、舌なめ行動で推し量った実験例もある。さらに最近発表されたイギリスとブラジルの共同研究によれば、犬の舌なめ行動は音声よりもビジュアルな刺激が元になって表現されやすいということだ。それも同じ犬仲間ではなく、人の怒った顔を見ることが大きな引き金になるという。一方、人が笑い顔を見せているときは、それほど犬はペロペロをやらなかった。というわけで、舌なめ行動はどちらかというとネガティブな状態に出される感情表現として解釈すべし、とこの報告は我々を導いてゆく。

相手をなだめている時も舌をペロリ!

しかし経験的に言ってどうだろう? 例えば下の写真を見ていただきたい。

2匹のサイトハウンドが遊んでいる、の図だ。右の犬は若犬(スルーギーという珍しい犬種)。そして左は年上のウィペット。ウィペットは若犬がいつも遊んでいる敷地にやってきた。すると、若犬は遊びたいあまりにウィペットを追い回し始めた。逃げるウィペットは突然止まり、若犬に面と向った。その時にペロリと若犬は舌を出した(写真右)。そしてこの後2匹はお互いに匂い合い、挨拶を交わした。すると今度はウィペットが若犬を追いかけ遊びが始まった…というストーリー展開だ。さて、写真のようにペロリと舌を出した若犬の気持ちは果たしてネガティブなものだろうか?

ウィペットに対する若犬の「カーミング・シグナル」や「なだめのシグナル」と捉えても間違いなさそうだ。いきなりこちらを向いたウィペットに「お手柔らかに!私、何もしないから大丈夫!」と若犬は伝えたのかもしれない。もしくは「私、フレンドリーなんだよ!」という親愛のシグナルとして出したのかもしれない。多少若犬はひやっとしたかもしれないが、それほどネガティブな感情でもなさそうなのは、写真を見ても状況を考えても想像に難くない。遊びたくて高揚している若犬の尾はまだ高く掲げられているし…。

自分の犬との経験から考えても、舌を出している時は必ずしもネガティブとは限らないように思える。アシカは私に近づくときに、ペロペロと舌を出すことがある。人間でいうと親愛を見せるためにニコニコと笑いながら近づく、というニュアンスに見えるのだが…。

犬行動に関する学術研究の解釈、クリティカル思考を

Photo: Behavioural Processes,Volue 146, January 2018, Pages 42-45

前述の研究の著者はさらに「犬は同種の見せる怒り顔より人の怖い顔により感情的に反応する」という風にも解釈を記している。これは他のどんな動物よりも人の意図を読むのがうまい、という犬ならではの「認識能力」を強調している所以だろう。が、彼らの実験でこの結論に飛んでしまうのは行き過ぎではないか、と個人的に感じた。なぜって犬の反応を調べたのは他でもない上の写真を使って行われたからだ。そう、写真。それも顔だけを見せたもの(音声も一緒に流したそうだ)。もちろん科学的な実験だから、できるだけ状況を単純化させて犬の反応を「抽出」したい、という手法の意義はわかる。そして化学とか物理に関わる研究のように、事象を分解してできるだけ単純な形にして実験を施し、その結果を他の状況の中にも当てはめる、という帰納法も成り立つときがあるだろう。

ただしこのような感情というとても抽象的なものを取り扱うときに、従来の科学的実験の手法では、やや手落ちになってしまう気もする。人の心理学実験なら写真だけでもいいかもしれない。が、犬にとって犬の顔だけが出てくる、という事象はまず自然ではない。犬は相手の体全体のニュアンスを見ているはずだし(体の位置や尾の振られ方、体がどう動いているか)、匂いだって嗅いでいるはずだ。犬は相手の感情状況を嗅覚で探知する、というのはそれこそ学問的に証明されているところでもある。だからもし写真ではなく現実の犬に引き合わせてその怒り顔を見せた際は、やはり人間に対して行ったように「ひやっ」として舌をペロリとやるのではないだろうか。

この研究は、聴覚ではなくビジュアル刺激が犬の感情の引き金になる、ということを証明したことで意義は深い。しかしあくまでも学術的セオリーという感じで、生身の生き物を扱う我々飼い主という庶民を納得させるには今ひとつパワーに欠ける。犬の行動に関する学術研究の結果というのは、少し差し引いて考えたほうがいいときもある。決して方程式のように鵜呑みにしてはいけないということだ。もちろん研究者達もそれは納得済みだろう。だからこそ次への新しいセオリー向かってチャレンジする別の研究者が登場し、こうして学問は進み知識は累積されてゆく。

ちなみに、我々の怒り顔を見せずとも「おっと!」という感情を愛犬に与えることも可能だ。よく犬同士がやるように(こちらのビデオも参照)、相手が近づき過ぎたら、無言無表情でそして視線を合わせないで固まる。我が家の犬が食べ物をクレクレとうるさくつきまとう時に私が取る方法でもある。愛犬のアシカは、ふと固まった私の表情を見てすぐに距離を開けて下がってくれるものだ。

【参考サイト】

Mouth-licking by dogs as a response to emotional stimuli
Dogs are able to perceptually discriminate emotional displays of conspecifics and heterospecifics and possess the cognitive prototypes for emotional c…

【関連記事】

犬は人の感情を嗅ぎとり、その感情に影響されている
文:尾形聡子 たとえ表情や所作にあらわさずとも辛く悲しい気持ちでいるときに、愛犬が自分の気分を察知していると感じたことはありませんか...
無言で微妙、犬言葉
文と写真と動画:藤田りか子 犬が出すミクロ表情を読み解く 我が家にいるラッコ(4歳)とアシカ(6ヶ月)のやり取りを見ていると、彼らの会話は大げ...

一時、人が示す指差しというジェスチャーに対する犬の認識力について研究が花盛りとなった。その時に感じた疑問について記したブログあるので以下も参照に!

犬の指差しに対する理解力、認識能力なのか学習なのか?
文と写真:藤田りか子 スパニッシュ・ウォータードッグが、ウォーターワークのテストで物品の回収を行っているところ。あそこにあるよ、とハンドラーが示...