ふたつのホルモンのバランスが影響~犬の攻撃性と親和性

文:尾形聡子

[photo by smerikal]

人の性格は半分が遺伝で決まると言われています。ホルモンや神経伝達物質、それらに関わる遺伝子のわずかな個体差(多型)が、個人の性格のある傾向に関係している、といった研究報告がこれまでにも数多く発表されています。もれなく犬も同様に、これらの遺伝子の多型と性格の傾向とに関連性が見られることが明らかにされつつあります。脳内で神経伝達物質として働くドーパミンやセロトニンの受容体や、オキシトシン受容体の遺伝子配列のわずかな違いが性格的な傾向と関連していることなどが示されてきています。

ホルモンとは?

ホルモンは体の働きを調整する重要な役割を持つ物質です。各ホルモンは体の特定の場所で作られ、標的とされる特定の器官で作用します。ホルモンには、たとえば生殖器の働きを調節する性腺刺激ホルモン、それをコントロールしている性腺刺激ホルモン放出ホルモン、女性ホルモン・男性ホルモンなどのステロイドホルモン、ストレスホルモンとも呼ばれているグルココルチコイド(糖質コルチコイド)など、さまざまな役割を持つホルモンが個体の中で作られています。

また、ホルモンは恒常性(ホメオスタシス)といって、個体が体の内部環境をある範囲内で一定に保つために欠かせない物質でもあります。たとえば恒温動物である哺乳類や鳥類は、外気温にかかわらず体温を保つ機能を備えています。それぞれの生物の正常とされる体温から外れたときに体が察知して、体熱を放散したり産生したりすることで、あるべき範囲内に“戻そうとする”働きをしているからです。

バソプレシンとオキシトシン

オキシトシンは『見つめ合いとオキシトシンが人と犬の絆形成のカギに』などで紹介しました、幸せホルモン、愛情ホルモンなどとも呼ばれる物質です。一方バソプレシン(バソップレッシン)は、腎臓での水分の再吸収を促進する抗利尿作用があることが広く知られていますが、オキシトシンと同様に社会認知行動や情動活動に関与し、社会的な結びつきを強める働きを持つことが人での研究により分かっています。

【こちらは有料ブログです。続きを読むには「ログイン」して下さい。会員登録はこちら