犬研究最前線

社会化期に入る前の子犬への、母性行動の影響

文:尾形聡子 動物が生まれてくる前の卵や生まれて間もない子に対してとる養育行動のことを母性行動といいます。「母性」という言葉が使われなが…【続きを読む】

DCMとグレインフリーフードの関係、その後の研究より

文:尾形聡子 犬の拡張型心筋症(Dilated Cardiomyopathy:DCM)は心臓の筋肉に異常が生じて心筋が薄くなり、収縮機能…【続きを読む】

黄色だけと思っていない?ディンゴの謎に迫る、毛色バリエーション研究

文:尾形聡子 オーストラリア独自の野生の犬、ディンゴ。ディンゴはいわゆるイエイヌとも、イエイヌの祖先であるオオカミとも異なり、イヌ科の動…【続きを読む】

尻尾の異常だけじゃない、スクリューテールになる遺伝子変異がもたらす体への影響

文:尾形聡子 スクリューテールと呼ばれる「らせん状になっている短い尻尾」を持つ犬種はごく一部。主にブルドッグ系の犬にみられるスクリューテ…【続きを読む】

犬同士の遊びの盛り上がりには、飼い主の…?が関係

文:尾形聡子 「遊び」はさまざまな動物種に観察される行動です。通常それは同種間によって行われるもので、捕食・反捕食にまつわる運動能力、社…【続きを読む】

社会化期初期:環境強い犬になるための、はじめの一歩

文:尾形聡子 環境強い犬は、幸せな犬。 これは『スポーツとしてのノーズワークで「環境強い犬」に育てる!』の中での藤田りか子さんの言…【続きを読む】

飼い主の性格は犬の問題行動改善に影響を及ぼすか?

文:尾形聡子 犬の性格や行動は、当然のことながら、犬種、性別、年齢など犬自身のステータスによって異なる傾向にあります。また、飼い主の性格…【続きを読む】

人と行動を同期させる犬の能力〜子どもに対する場合は?

文:尾形聡子 子犬も赤ちゃんも成長していく中で、少しずつ社会的認知能力を発達させていきます。これまでの研究から、犬には指差しや視線の追従…【続きを読む】

捕食者に対する遺伝子記憶は犬にあるのか?

文:尾形聡子 「クモ恐怖症」という言葉を聞いたことがありますか?クモにまつわる嫌な経験をしたことがないにもかかわらずクモに異常なまでの恐…【続きを読む】

自分の命は二の次?コロナ対応に影響する犬の存在

文:尾形聡子 新型コロナウイルスの流行開始から1年が経つものの世界的に収束が見えてこない中、ここ日本も第3波の真っ只中に置かれています。…【続きを読む】

犬の家畜化に新説!きっかけは、極寒の時期のある食べ物にあった

文:尾形聡子 人類史上初の家畜動物、犬。家畜化の始まりは人類が狩猟採集をしていたころ、少なくとも15,000年前またはそれ以前のこととい…【続きを読む】

遺伝子変異だけじゃない、多様な犬の進化に影響するエピジェネティクス

文:尾形聡子 遺伝子の変異が犬の多様性(見た目や行動特性など)を作り出したり、病気の原因になったりすることには、これまで何度も犬曰くの記…【続きを読む】

犬と人、顔に対する脳処理のしかたの違いは?

文:尾形聡子 私たち人間にとって、相手がどのような顔や表情をしているかという情報はとても重要なシグナルです。外部情報のほとんどを視覚から…【続きを読む】

9.11米同時多発テロに従事した捜索救助犬たちのその後〜PTSDは見られたのか?

文:尾形聡子 あれから19年。2001年に起きたアメリカ同時多発テロのあの惨劇を忘れられる人などいないでしょう。テレビに映し出されていた…【続きを読む】

アトピー性皮膚炎と食餌の関係、生食それともドライフード?

文:尾形聡子 スタッフォードシャー・ブル・テリアの子犬たちのご飯タイム。みんな食べるのに必死。 アトピー性皮膚炎は犬にもっとも頻繁に発症…【続きを読む】