犬研究最前線

犬の顔の表情から、フラストレーションを読み取るには?

文:尾形聡子 動物は各感情状態をあらわす「表情」をそれぞれに持ちます。非言語コミュニケーション手段であるボディランゲージは犬の感情表現に…【続きを読む】

犬は人からの助けに対して「お返し」しようとするか?

文:尾形聡子 「協力する」という行為は自然界におけるさまざまな種で観察されており、最近では「2個体またはそれ以上の個体が同時に、もしくは…【続きを読む】

毛色生成の中核をなすA遺伝子座、さらに解明が進む

文:尾形聡子 新たな分類、シェーデッドイエロー。 進化の過程で犬は、オオカミとは異なる犬独自の毛色やパターンを獲得してきました。毛色のも…【続きを読む】

朝食を抜くと犬の作業パフォーマンスは向上するのか?

文:藤田りか子 「競技会当日は犬の朝ご飯を抜いてお腹を空かせたままにして、モチベーションをあげる」 とか 「狩猟の前日か…【続きを読む】

愛犬はあなたの「ウソ」と「ホント」を区別している

文:尾形聡子 [photo by Roger Ahlbrand 長い間、他者の気持ちを推し量ったり理解したりする能力である「心の理論」は人…【続きを読む】

犬のライフステージどう分ける?〜認知機能から分類する最新研究

文:尾形聡子 一生を年齢によって区切った各段階のことをライフステージといいます。人の生涯では、幼年期・児童期・青年期・壮年期・老年期など…【続きを読む】

犬の「噛む」に関する大規模調査、初めて行われる

文:尾形聡子 「噛む」と「咬む」。この二つの漢字の使い分けをご存知ですか? 「噛む」は一般的に歯を合わせて物を食べたりかじったりす…【続きを読む】

犬の認知能力、2歳までにどう発達する?

文:尾形聡子 21世紀に入ってからというもの、犬の認知能力に研究者の注目が集まり、さまざまな研究が行われるようになりました。しかし、認知…【続きを読む】

桁外れな記憶力〜天才犬は生まれつき?経験?それとも若さ?

文:尾形聡子 ただならぬ才能を持つ人というのは、いつの時代にもいるものです。人並外れたパフォーマンスをあらわす人々は、音楽、数学、言語学…【続きを読む】

もっとも太りやすい犬種は?〜イギリスの最新研究より

文:尾形聡子 太りやすい遺伝子変異が発見されたラブラドール・レトリーバー。ほかの犬種と比べてみると…? 「わかっているんだけどね、なかな…【続きを読む】

犬の歯の健康と認知機能障害

文:尾形聡子 2020年の日本に暮らす犬の平均寿命は14.48歳(参考:ペットフード協会調べ)。そして、半数以上の犬が、犬のシニア期とい…【続きを読む】

愛犬は自分の不安状態をうつしだす鏡かもしれない

文:尾形聡子 不安と恐怖は、人や動物が生きのびていく上で大切な感情のひとつです。それゆえに危険を察知したり有害な状況を回避したりできるの…【続きを読む】

元野良犬は問題行動を抱えがちって本当?

文:尾形聡子 モスクワの野良犬。 この地球上には、人に飼われることなく路上で自由に暮らす犬たちが各地にいます。都市部でこそ野良犬は姿を消…【続きを読む】

パピーテストって信用できるもの?

文:尾形聡子 パピーテストという言葉、聞いたことはありますか?成犬になったときの性格や行動を予測するための「素質」を測る行動テストで、盲…【続きを読む】

犬の感情を読むときの視線の先、意識していますか?

文:尾形聡子 人は外部情報を得るために、その多くを視覚に頼っています。会話をしているときには、相手の顔に視線を向けるのが当たり前の世界。…【続きを読む】