犬研究最前線一覧

愛犬のウォーターボウルに潜む危険

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 犬と暮らす上で欠かせないもののひとつ、ウォーターボウル。みなさんはどのような素材のウォーターボウルを使っていますか? 今...

犬の認知力低下を緩やかにするには、トレーニングが効果的

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 加齢に伴い細胞が老化していくと、臓器や脳、筋骨などに変化が起こります。いわゆる老化は寿命ある生物にとって自然な現象です...

ハスキーのブルーアイ、遺伝子背景解明へ

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 青い目を持つ犬種の代表格ともいえる、シベリアン・ハスキー。これまで犬のブルーアイは特定の毛色とリンクしてあらわれること...

自由に生きるバリ島の犬が家庭犬になると、性格にどんな変化が起こるのか?

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 インドネシアはバリ島に古くから自由に暮す犬、バリ犬。 東南アジアやインド、アフリカなどの町や村には人に飼われることな...

ケンカした後どうするの?~犬はお互いに避け合い、オオカミは仲直りする傾向に

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 夫婦喧嘩、親子喧嘩、兄弟喧嘩など、家庭内で起こるケンカをみても、それぞれに名称がつくほどにケンカは日常的なものだといえ...

進化により犬は堅実志向に

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 ウルフサイエンスセンターの2頭の子オオカミたち。 犬が家畜化され、進化の過程で得た能力または失った能力が何であるかをしるため...

子犬は観察して学ぶ~犬からも、そして人からも(社会的学習)

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 犬は同種の犬のみならず人の行動も観察し、そこから学ぶことのできる動物です。“先住犬の真似ばっかり!”とか、“私のことを...

未知との遭遇!そのとき子犬は人からの情報を手掛かりにするか?(社会的参照)

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 たとえば散歩中。道の向こうから小さな子どもと母親が近づいてくることがあります。まだ犬という生き物をあまり理解していない...

犬が首をかしげながら人の話を聞くのはなぜ?

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 人が考えごとをしているときのポーズというと、どんなものを思い浮かべますか? 腕を組んだり頬杖をつきながら、首をかしげてい...

性格も影響~肥満の犬と人は食べ物選択の嗜好が似ている

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 人々が最も体型を気にしがちであろう季節、夏。しかし薄着になる時期だけでなく、健康維持のためには一年を通じて適切な体重を...

雑種は健康は過去の話?大規模遺伝子解析により明らかにされた遺伝病発症リスクの現状

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 “雑種の犬は病気になりにくい、純血種の犬は体が弱い” 犬に対するこのような印象は世界中で持たれてきているものです...

純血種の犬の方が雑種犬よりも遺伝病にかかりやすいのは本当か?

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 純血種の犬は、同一犬種内での繁殖が繰り返されているために遺伝子プールが狭くなり、遺伝病が蔓延しやすいという認識があると思います...

遺伝性ではない心血管疾患の発症リスクは、夏生まれの犬で高くなる

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 病気の原因は100%遺伝のものもあれば、100%環境によるものもあります。しかしたいていの病気は遺伝と環境両方の影響を...

子犬の魅力はいつがピーク?

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 刷り込みの研究で有名な動物行動学者のコンラート・ローレンツ。犬好きのみなさんの中には『人イヌにあう』を読んで感銘を受け...

愛犬の尻尾、たまに振れなくなることはありませんか?

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 尻尾がだらりと垂れ下がり、痛みがあるため犬が自ら尻尾を思うように動かせなくなってしまう状態になることがあります。通常は2、3日...