エリザベス女王とガンドッグ

文と写真:藤田りか子

それは、まさに以前イギリスケネルクラブの会報誌で見たとおりの光景であった。まるでドレス・コードがあるかのごとく、誰もがワックスコートや草色のツィードジャケットを身につけ、男性はネクタイを着用し、緑色のゴム長靴という、いでたちであった。ドッグハンドラー、散弾銃を伴った撃ち手、ジャッジ、そしてこのゲームに関わるありとあらゆる人々。そして観戦にやってきた200人以上の ギャラリーの列があとに続いた。

天候まで、グラビアで見たとおりで、おそらく12月初旬の頃というのは、イギリス中がこんな風に毎年どんよりと草灰色に満ちたものなのだろう。8時半にミート(朝会)が始まり、その後赤い旗を持った誘導員に従って、巨木の生える樫林を抜け、泥でぐちゃぐちゃの農場路を我々はぞろぞろと行進していった。

シーンの主人公はレトリーバーだ。黒いラブラドールに混ざって時々黄色いラブラドール、あるいはゴールデン・レトリーバーも見られた。人間と同様に神妙そうな顔をしてハンドラーにつれられ、横を静かに歩く。この時点では、まだ犬達のスイッチはオフにされている。しかし、フィールドに入り競技が始まったとたん、彼ら のスイッチは一気にオンに切り替えられた。そして情熱とスタイルに満ちた、「レトリーバーによるレトリーバーのための」パフォーマンスが繰り広げられたのだ。

イギリス・フィールドスポーツの頂点

イギリスでは、毎年その年の最高のレトリーバーを決める栄誉あるザ・レトリーバー・チャンピオンシップという競技会が3日間に渡り開かれる。チャンピオンと言っても、ドッグショー・チャンピオンではない。レトリーバー本来の仕事である「回収技」を競うフィールド・トライアル・スポーツの王座のことだ。筆者が初めてそのトライアルを観戦したのは今から8年前の12月。犬雑誌の取材として出向いた。

2014年の競技会場は、ロンドン郊外、ウィンザー城の大敷地、グレート・パーク。ホストは、そう、もちろんウィンザー城の住人、エリザベス2世女王。ホスト故に、女王は観戦にも訪れた。というか、女王とレトリーバーの関係は切っても切れないものであるが、それは後述しよう。何はともあれ、レトリーバーという犬は、ヨーロッパでは1800年代後半以降、王室や貴族の世界に深く関わっている猟犬でもある。

現在でこそ、レトリーバーは家庭犬の王様とも言うべき犬種であるが、もともとは狩猟を目的にイギリスの狩猟愛好家、特にお金と時間がある貴族によって作られた犬たちだ。レトリーバーと名の付く犬は全部で6種いるが、その中でラブラドール・レトリーバー、ゴールデン・レトリーバーがもっとも代表的な犬種であり、そして、回収を行う狩猟犬としても、もっとも「性能」がよい。それゆえにポピュラーだ。欧米には、多くのレトリーバー達が狩猟犬として活躍している。

競技を開催しているのは、インターナショナル・ガンドッグ・リーグ(通称IGL)。ガンドッグというのは、レトリーバー、スパニエル、ポインターなど、鳥猟に使われる犬たちの総称だ。このクラブは、イギリスにおけるガンドッグの発展の中で登場したと言ってもいいほど、歴史的、そして由緒あるものだ。セターやポインターのブリーディング促進とトライアルのための機関から始まり(1800年代終わり)、ポインターを犬種として確立させた有名なブリーダーの一人、ウィリアム・アークライトも創設に携わった。レトリーバーが1900年代の始めにリーグに統合され、レトリーバーのトライアル第1回目はすでに100年以上にもさかのぼる(1907年)。IGLの競技会は、イギリスのケネルクラブ(KC)のトライアルイベントの一つとして公認されている。

チャンピオン戦への参加資格は、イギリス全国に散らばる各ガンドッグクラブが主催するフィールド・トライアルでまず優勝すること。勝つまで何千キロもの旅をしてIGLへの切符を手にいれる競技者も珍しくない。筆者が住むスウェーデンからも過去に参加しているハンドラーがいる。そう、強者中の強者がチャンピオンシップに集結する。

実猟下で行われる競技会

競技は実猟下で行われる。なんといっても、猟だ。オビディエンス競技のように、スタート地点がいつも同じとか、何メートル先に何かが置いてある、といった決まりもなければ、時間の枠もなく、すべて猟場のコンディションによりけり。毎回同じ環境というのはあり得ない。時には畑地であり、時には高い草や藪に囲まれた草原であったり、沼があれば、石垣もあり。おまけにどこに鳥が撃ち落とされるかわからない。時には半矢(完全に命中していない)の鳥もいる。競技参加するどの犬も同じコンディション、同じ環境で回収できるわけではなく、運も大いに支配する。

撃ち落とされる鳥も、その日のテストのために特別に放鳥されるのではなく、自然の状態で猟場にいる鳥を使う。とはいっても、競技会に使われるフィールドは、もともとスポーツ・シューティング(スポーツ猟)のための領地。養殖されているキジやウズラが豊富に、そこここに隠れている(これらの鳥は地面にいる)。これを勢子が長い棒で藪や茂みを叩き、ガンズ(銃で撃つ人々)の前に追い出しを行う。レトリーバーを伴う鳥猟(キジ、ウズラ、ライチョウなど)は、ガンズ(Guns)、勢子(英語でBeatersという。叩くという意味だ)、そしてドッグハンドラー及び回収をする犬で成り立つ。競技参加者自身は撃つことはなく、犬のハンドリングを行うだけでよい。 そもそも、そのハンドリング技術、そして犬とのコミュニケーション、犬の能力と技こそが、このスポーツの見所だ。

レトリーバー競技はクィーンのスポーツ

エリザベス女王といえば、犬好きで、コーギーの愛好家として知られている。が、女王がラブラドール・レトリーバーの大のファンでもあり、そして鳥猟におけるレトリーバーの優秀なハンドラーである事実はあまり知られていない。ノーフォークにある別邸、サンドリンガム・ハウスには、女王の所有するサンドリンガム犬舎があり、そこではガンドッグがブリーディングされている。サンドリンガム系と呼ばれる黒いフィールド・タイプのラブラドール・レトリーバーがかつてはたくさんおり、女王はトレーニングのみならず、フィールド・トライアルにも参加。そのハンドリングの巧みさは、マスコミの誇張ではなく、実際にフィールド系のレトリーバーに携わっている多くのイギリス人が知るところでもある。

IGLは毎年いろいろなエステートで開催されるのだが、これまでに合計14回ウィンザー城とサンドリンガムが競技会会場として使われ、エリザベス女王はホスト役をつとめてきた。私が訪れたウィンザー城での競技会が今思えばIGLにおける女王最後のホスト会場となってしまった。

あの日、ウィンザー城にはユニオンジャックの国旗が上がっていた。それは女王がお城に滞在していることを示す。そして競技会の第一ラウンドが半分を過ぎた頃、

「女王が来ます!」

という合図とともに、フィールドにレンジ・ローバーが現れた。


レンジローバーが現れ….

お付きの人に囲まれ、車からおりてきたのは本当にエリザベス女王であった。乗馬を楽しむときと同じように、頭にスカーフを巻き(女王は乗馬の時にヘルメットをつけるのを頑なに拒否して、スカーフで髪のセットを守ることで有名だ)、ロングのワックスコートをつけ、ツィードのスーツと緑のゴム長靴で、泥道をゆっくり歩いた。そして、ドッグハンドラーと撃ち手及びジャッジの並ぶウォークアップのラインにつき、競技会を観戦した。

「もうすぐ89歳、俺の母さんと同じ年だよ。でも、このコンディションの悪い天候にもかかわらず、フィールドを競技者といっしょに歩き、ずっと見ていられるんだ。すごいよね」

とはある観戦者が私に話してくれたのを覚えている。

エリザベス女王が亡くなり、SNSは女王とコーギーの写真で溢れている。レトリーバーファンの間では、女王のラブラドール・レトリーバーとガンドッグスポーツへのサポートについて感謝の辞があちこちで述べられている。女王は1952年からイギリスのラブラドール・レトリーバークラブの後援者でもあったのだ。

【関連記事】

ダウントン・アビーの黄色いラブラドール・レトリーバー
文:藤田りか子 ダウントン・アビーのオープニング ちょいと(というかかなり)トレンドに乗り遅れてしまったが、つい最近になり初めてあの有…【続きを読む】