スウェーデンのトレーニングシーンから 〜 「チーム・ビルディング」という概念

文と写真と動画:藤田りか子

今回は基礎の基礎に戻り、犬と飼い主の絆について。チーム・ビルディングという概念とそのレッスンを紹介しよう。動画での解説もあり!

欧米の一般飼い主の間で犬のトレーニングが当たり前であるのは、日本よりも圧倒的に大型犬の方が多いから、というのも理由の一つかもしれない。ただし、本来はサイズに関係なくトレーニングは必要だ。トレーニングという言葉で何を意味するかにもよると思うが、例えば「人とコンタクトを培う」というようなことも、筆者が住むスウェーデンでは脚側行進を教えることと同様に一つのトレーニングの一つとして捉えらている。

日本から移り住んだのは25年前のことなのだが、すでに当時、飼い主たちは「コンタクト」という言葉を当たり前のように使っていた。それがとても印象的であったのを覚えている。トレーニング・スクールでも「おすわり」といったコマンドを犬に教えることより、

【こちらは有料ブログです。続きを読むには「ログイン」して下さい。会員登録はこちら