犬を飼うと幸せになれるのか?

文:北條美紀

ねぇおばあちゃん、僕たちの子犬だよ![Photyo by Jaci XIV]

今回のお題はド直球、「犬を飼うと幸せになれるのか?」

今回考えたいのは、この「幸せ」だ。

皆さんは、幸せというと何をイメージするだろう?多くの人は、明るい快活さ、楽しい笑顔、温かさや癒し、安心感などを思い浮かべるのではないだろうか。これらの「快」感情は「ポジティブ感情」といい、実は人の持続的幸福(flourishing)のごく一部分にすぎない。にもかかわらず、私たちは、あまりにも個人的な「快」を追い求めがちだ。

もし、個人的な「快」を得たいという目的だけで犬を飼ったのなら、幸せにはなれないかもしれない。というのも、子どものいる夫婦は、いない夫婦に比べて、ポジティブ感情が平均的に低いという定評があるからだ。

ずっと続く豊かな幸せのための5つの要素

【こちらは有料記事です】

続きを読むには「ログイン」して下さい。

ご購読いただくと続きをご覧いただけます。

今すぐ会員登録して続きを読む