干支にちなんだ犬の話-2019年はイノシシと犬

文と写真:藤田りか子

2019年はイノシシの年だ。犬曰く今年最初のブログは干支に関する犬の話で始めよう。ありがたいことに、イノシシと犬というのはとても深いつながりがあり、ネタに事欠くことがない。それは、イノシシには申し訳ないが、この世にイノシシ猟をする犬がたくさんいるからである。イノシシ猟犬は、気質の固定化された犬種である場合もあるし、個人的につくりあげられた「イノシシ猟系」と名付けられたクロスブリードであったりもする。何はともあれ、イノシシは野生動物の中でも適応性がよくまた強い繁殖力を持つ。それゆえにゲーム(狩猟対象の動物)になりやすい。畑を荒らすので害獣駆除対象の動物ともなっている。狩猟となれば、犬の登場である。

日本のイノシシ猟の犬種といえば、まずは紀州犬や甲斐犬などが頭に浮かぶ。その他にビーグルやプロット・ハウンドなど洋犬も活躍している。ヨーロッパも非常にイノシシ猟がさかんでそれを得意とする犬種がいくつか存在する。フランスではフランス原産のハウンド種、特にグリフォン・ニヴェルネというオッターハウンドのようなワイヤードコートの大きな犬が、イノシシ専門ハウンドとして非常に人気がある。なんといっても、イノシシ以外の獲物に興味を見せないから、狩猟家にとってはトレーニングの手間が省けありがたい猟犬である(他のハウンドであれば、シカを追ってしまわないようにそれなりのトレーニングが必要となる)。フランスで人気のあるイノシシ専用ハウンド、グリフォン・ニヴェルネ。

東欧はイノシシ猟がさらに盛んであり、それだけにその専門の犬種の宝庫でもある。よく使われている猟犬はたいていなぜかブラック&タンの体高50cmぐらいの犬。一応各国で犬種には分かれている。スロバキアのスロバキアン・ハウンド。現地ではコポと呼ばれ親しまれており、猟犬では一番数が多い。ハンガリーにもほとんど同じタイプの犬が存在し、英名は「トランシルヴァニアン・ハウンド」であるが、スロバキア同様に「コポ」と一般に呼ばれている。もっともハンガリーとスロバキアは隣国同士。狩猟文化の交換や共有の中で、イノシシ猟犬の呼び名が自然と同じになったのだろう(しかしスロバキア語とハンガリー語はまったく言語が異なる)。さらに、ポーランドのポーリッシュ・ハンティング・ドッグもブラック&タンで体高は50~60cmほど。現地の呼び名はゴンチェ。とても性格が素直で飼いやすい。ただし家庭犬だけとしては飼えない、生粋の猟犬だ。

この中でも国外で一番広くイノシシ猟犬として活躍しているのはスロバキア原産のコポだろう。ドイツのイノシシ猟を見たことがあるが、コポを使っていたし、私が住むスウェーデンにも本犬種がたくさん入ってきている。18年前ほどの話だがスロバキアからスウェーデン国王へコポがプレゼントされたこともあった。ちなみにドイツではコポ以外にヤークドテリア(ドイツ原産の狩猟テリア)やヴァハテル(ジャーマン・スパニエル)もイノシシ猟で使われている。

スロバキアのイノシシ猟のシーンから。犬はスロバキアでとても一般的な猟犬であるスロバキアン・ハウンド、現地名はコポ。正式な犬種名はスロヴェンスキー・コポ。

以上の犬種はいずれも獲物のにおいを取って吠えながら(=追い鳴き)イノシシを隠れているハンター達の前に出す、という仕事を行う。そのためにはイノシシがひとところに止まらないよう、犬は相手をけしかけつつずっと動かしておかなければならない。それが彼らの猟技でもある。

一方で、北欧からロシアにかけての原産イノシシ猟犬は日本犬とよく似た猟技を持つ。イノシシを見つけたら寝屋まで追い込み、そこでずっと吠えてひとところに止めておく。「吠え止め」ともいわれる猟技だ。面白いことにこれら原産犬種は日本犬とこれまたそっくりの立ち耳で巻尾のスピッツ犬種たち。イェムトフンド、ノルウェージャン・エルクハウンド、そしてロシアのライカがイノシシ猟でよく使われる。だが、彼らは決してイノシシを専門とする猟犬種ではない。特に最初の2種はむしろヘラジカ猟のために作られたような犬種だ。しかし個体によってイノシシ猟に適している犬もいたり、ブリーダーがイノシシ猟もできる独自のラインを作っていたりするのだ。

以下のYoutube動画にて北欧のイノシシ猟犬の活躍をご覧いただきたい。犬種はウェスト・シベリアン・ライカ。残念ながら解説はスウェーデン語なのだが、どんな風にライカがイノシシを吠えて止めておくか見ることができる。犬たちは決してイノシシに咬み付いたりはしない。適当な距離を保ちワンワンと吠え、ひとところに止めておく。こうして時間稼ぎをすることで、ハンターは犬の吠え声を頼りに獲物のすぐそばにやってくることができる。そして銃で仕留めるのだ。動画では大きなカラーが犬に装着されているが、これはショックカラーではない(北欧ではショックカラーは違法)。犬の居場所がGPSでわかるようにアンテナが装着されている。