犬の飼い主心理学教室

カワイイとかわいそう~憐みの気持ちと上から目線 メサイア・コンプレックスとは

文:北條美紀 仕事柄、言葉の使われ方や語感、話しているときの雰囲気などに敏感になりがちなところがある。どうしても引っかかってしまう言葉が…【続きを読む】

「咬む犬」は人がつくるって本当?

文:北條美紀 Randolph Caldecott collection page 0105 「咬む犬」をつくってしまう人は、犬の様子…【続きを読む】

「しつけやトレーニングはかわいそう」は3だけ主義の裏返し?

文:北條美紀 犬にしつけやトレーニングをすることが「かわいそう」だといって、敬遠する人が増えているという話を聞いた。それは、子どもの…【続きを読む】

「犬、飼ってる人ってさ」一般化のリスク

文:北條美紀 犬関連の話を見聞きするたびに、「一般化:generalization」を用いているケースが多いなと感じる。とりわけ飼い…【続きを読む】

あなたの犬の「ひらめいた!」の瞬間は?

文:北條美紀 「ポジティブという言葉の響きに流されないで」で、行動科学的な学習理論(強化理論)について紹介したが、今回は、人類学や精…【続きを読む】

ポジティブという言葉の響きに流されないで

文:北條美紀 子どもの教育の世界でも犬のトレーニングの世界でも、ポジティブトレーニングという言葉をよく聞く。ポジティブという言葉の響…【続きを読む】

犬を「見ろ」と言うけど、何を見ればいいの? DoではなくてBeを考える

文:北條美紀 犬曰くの記事の中で、「犬を見ていない」とか「犬を見てください」とかいう表現にたびたび出会う。当たり前のことと思って読み流してい…【続きを読む】

本当に求めているものを教えてくれる動物たち

文:北條美紀 仕事柄、本当にいろいろな話を伺う機会がある。ただ、私が「動物に関する話を聞く耳」を持てたのは、ほんの7、8年前のことだ…【続きを読む】

頼まれもしないアドバイスを与えたがる人の心理とその対策

文:北條美紀 藤田りか子さんが『「飼い主マナー」じゃなくて「飼い主へのマナー」』という記事の中で、「なぜ頼みもしないアドバイスをもら…【続きを読む】

飼い主のお悩みゲームに巻き込まれないコツ

文:北條美紀 人の相談にのって、辛い話ばかり聞いていて苦しくなりませんか?という質問をよく受ける。もちろん、答えはNoだ。どんな話で…【続きを読む】

飼い主が他の飼い主を叩く心理

文:北條美紀 コロナ自粛のせいでイライラがつのっているせいもあろうが、人の落ち度(らしきもの)を見つけると徹底的に叩くという風潮が強まってい…【続きを読む】

「飼い主マナー」じゃなくて「飼い主へのマナー」

文と写真:藤田りか子 きちんと犬を横につけて歩くことができる。これ飼い主マナー。でも飼い主へのマナーというのも存在する。 飼い主マナーといえば…【続きを読む】

コロナ自粛の時代を生きる3:ケースから見る、長期自宅滞在と動物虐待

文:北條美紀 Photo by Oleg Green コロナウイルスの感染拡大によって、リモートワークが推奨されている。その結果、いつ…【続きを読む】

コロナ自粛の時代を生きる2:増加するDVと動物虐待の関係を考える

文:北條美紀 Photo by Giusi Barbiani 前回は新型コロナウイルスの流行時に必要と考えられるペットの社会支援についてお話を…【続きを読む】

コロナ自粛の時代を生きる1:愛犬の安全確保があなたの不安を減らしてくれる

文:北條美紀 写真:藤田りか子 先日、IASC(Inter-Agency Standing Committee:国連の機関間常設委員会)が作…【続きを読む】