ホワイト・ドーベルマンとアルビノ犬研究

文:尾形聡子

[photo from PLoS One]
日の光にたいして眩しそうに目を細めるホワイト・ドーベルマン。

生物が生きていく上で大切な情報が刻まれている DNA は、さまざまな刺激により高い頻度で日々損傷を受けています。生物には損傷を受けた DNA を修復する機構が備わっているため、通常は正常な細胞のままでいられるのですが、修復が間に合わなくなってくると細胞がガン化したり老化が進むといった現象が引き起こされやすいことがわかっています。

太陽の紫外線が皮膚や眼などの DNA を損傷する原因のひとつであることは、広く知られていることでしょう。そのような紫外線に対し、生物が自らの体を守るために作っているのがメラニン色素です。皮膚や被毛はメラニン色素が沈着することで発色し、紫外線を吸収したり散乱させたりする働きをしています。しかし生物の中にはメラニン色素の沈着がない、もしくは、ほとんどない個体が存在しており、そのような個体のことをアルビノといいます。

一般的にアルビノの動物というと、真白な被毛に赤い目をした実験動物のマウスやモルモット、ウサギなどを想像する方が多いのではないかと思います。これらの動物は完全にメラニン色素を欠乏しているため、皮膚や被毛にまったく色が付きません。また、メラニン色素は虹彩にも沈着して瞳の色を作っているため、メラニン色素を持たない動物は血液の色が透けてみえる赤い目となります。

このような、完全に色素を欠乏したアルビノの犬の存在の有無は定かではなく、胎生致死もしくは生後すぐに死んでしまうとも、表に出てきておらずに淘汰されてしまっているともいわれています。仮に生存していたとしても、極めて稀であると考えられます。一方で、全身が白い被毛で覆われている犬は決して珍しいわけではなく、日常生活の中でごくごく普通に見かけるものです。それらの白毛の犬たちはアルビノではなく、別の遺伝的背景により全身が白毛となっており、見た目にもアルビノっぽさを感じることはないはずです。しかしドーベルマンだけは別でした。何十年も前からホワイト・ドーベルマンと呼ばれている犬たちです。

ホワイト・ドーベルマンの毛色はホワイトと呼ばれているものの完全なる純白ではなく、実際にはうっすらと色素が沈着したごく薄いクリーム色、鼻は色素がまったく沈着していない典型的なピンク色(肉色)をしています(トップ写真を参照ください)。このような外見(表現型)であることから、長きにわたりホワイト・ドーベルマンは本当にアルビノなのかどうかと物議がかもされていました。

人でのアルビニズム

これまでに、先天的に色素を欠乏したアルビノ個体はさまざまな生物種で広く確認されています。人のアルビニズム(白皮症)は、主症状として外見の色素欠乏のほか、弱視や眼震(不随意の眼球運動)、羞明(光に対して過剰に眩しさを感じる状態)などの視覚障害や、紫外線を吸収できないことから皮膚ガンの発症リスクが高まることなどがみられます。また、とても珍しい病気ですが、ヘルマンスキー・パドラック症候群(出血しやすく、止血しにくいことを主症状とする病気)やチェディアック・東症候群(免疫疾患)などの遺伝性疾患においてもアルビニズムの症状をともなうことが分かっています。

人のアルビニズムは外見から大きく二つに分類されており、目だけに色素欠乏が見られるものを眼白皮症(OA)、目・皮膚・被毛のメラニン沈着が欠乏したものを眼皮膚白皮症(OCA)といいます。眼皮膚白皮症は現在、原因遺伝子により7つのタイプに分類され(OCA1~OCA7)、すべて常染色体劣性遺伝をすることがわかっています。

ホワイト・ドーベルマンの特徴

2014年、ホワイト・ドーベルマンの遺伝背景が明らかにされました。人の眼皮膚白皮症の OCA4とよばれるタイプの発症原因となる、SLC452A という遺伝子に変異が起きていたことが示されたのです。また、人と同様にホワイト・ドーベルマンも、常染色体劣性遺伝をすることが分かりました。SLC452A 遺伝子はメラニンを産生する色素細胞へと分化するときや、メラニンを合成するときに働くタンパク質をつくる働きを担っています。ちなみに OCA4タイプは日本人に多く見られるという特徴があり、日本での眼皮膚白皮症の患者の方の24%がこれに相当するという報告があります。

OCA4はメラニン色素の沈着がまったくないわけではなく、程度に幅があるものの、多少は沈着がみられるタイプです。ホワイト・ドーベルマンの毛色が薄いクリーム色をしているのも、わずかに色素が沈着しているためであり、見た目にもよく似ているといえます。症状としては、眼の色素が薄いために羞明(光に対して過剰に眩しさを感じて眼をあけていられない不快感や痛みを感じる状態)であることが共通していましたが、人に一般的に見られる不随意に眼球が動く眼震はホワイト・ドーベルマンには見られませんでした。

皮膚腫瘍の発生率については、ホワイト・ドーベルマンと通常の毛色(ブラック&タン)とを比較すると、やはり腫瘍や腫瘤、ホクロ(母斑)などができやすく、年齢があがるにつれて増加傾向にあること、しかも悪性腫瘍になりやすいことが分かりました。研究対象とした頭数が少なかったことから、研究者らはさらなる調査が必要だとしていますが、紫外線を防御できないことによる皮膚へのダメージは、少なからずあることが示されたといえます。

そもそもホワイト・ドーベルマンは、1976年にアメリカで突然誕生した1頭のメスが最初で、その毛色の珍しさに現在までホワイト・ドーベルマンとしての血統が維持され残されてきています。つまり、現存するホワイト・ドーベルマンの血統を遡っていくと、全ての犬がその一頭のメス犬に辿りつくという状況になっているのです。

[photo by Max]
一番左の犬が母犬、奥のホワイト・ドーベルマンとブラック&タンのドーベルマンは同腹子だそうです。常染色体劣性遺伝をすることが分かっているため、父犬は写真に写っていませんが、ふたつあるSLC452A 遺伝子のうちの片方が変異型であるブラック&タンと推測できます。

ホワイト・ドーベルマンの原因遺伝子が同定された後、アルビノ個体の犬たちの遺伝子解析が行われています。それによれば、ホワイト・ドーベルマンと同じくSLC452A遺伝子に変異が起こっていること、下の写真のパグを除いた犬はすべて同じように変異したSLC452A遺伝子をホモ接合で持っていることが分かったそうです。対象となったラサ・アプソとポメラニアンの家系の遺伝子解析、そして実際の毛色から常染色体劣性遺伝をしていることも示されています。

[photo from Journal of Heredity]
a)ラサ・アプソ、b)ペキニーズ、c)とd)ポメラニアンの同腹、e)ミックス、f)パグ。

アルビノの外見でありながらもパグだけが同じ遺伝子変異を持っていなかったという結果を受け、研究者らは、小型で長毛の犬においてアルビノ個体を魅力的だと思ったブリーダーがその犬の遺伝子を残し、それが何らかの形で広まったためではないかと考察しています。そして、パグにおいては、同じSLC452A遺伝子の別の個所に変異が起きているか、もしくは、まったく別の遺伝子がパグのアルビノの原因になっているのではないかと考察しています。

このように、同じようなアルビノの外見であっても、原因となる遺伝子が違ったり、遺伝子が同じでも別の場所で違う変異が起きていたりすることもあるのです。

アルビノだけではなく、メラニン色素をとりまくメカニズムに異常があると、同時に健康にも影響が及んでくることが分かっています。たとえば、ダブルマール(ダブルダップル)やグレート・デーンのハルクイン、ホワイト・ボクサーやダルメシアンなどのホワイトスポットに関連する白毛(メラニンの着色がない被毛)などです。

これらの毛色と聴覚や視覚の異常とには関連性があることが分かっていますが、ホワイト・ドーベルマンにおいては羞明などの視覚異常は見られるものの聴覚についての問題は確認されていません。また前述しましたように、人でのアルビノの表現型を伴う病気の、止血異常や免疫異常などの症状が見られることもありません。ホワイト・ドーベルマンの被毛は薄いクリーム色をしていることから色素の沈着がまったくないわけではない、すなわち、色素細胞そのものが存在していないわけではない点でダブルマールやハルクインなどの白毛とは遺伝的背景が異なっているといえます。

アルビノのみならず、ほかとは違う珍しい毛色は人の心を惹きつけるものかもしれません。しかし、その背景には必ず何らかの遺伝子変異が起きています。もちろん、その変異が個体にとってよき方向に出る場合もあれば、何も影響のない場合もあります。しかし、健康面に悪い影響が出てきてしまう可能性がある毛色が存在しているということを、決して見過ごしてはならないと思っています。

(本記事はdog actuallyにて2014年12月24日に初出したものを一部修正して公開しています)

【参考文献】
A Partial Gene Deletion of SLC45A2 Causes Oculocutaneous Albinism in Doberman Pinscher Dogs. PLoS One. 2014 Mar 19;9(3)

A Missense Mutation in SLC45A2 Is Associated with Albinism in Several Small Long Haired Dog Breeds. J Hered. 2015 May-Jun;106(3):285-8.

紫外線による 健康影響 – 環境省

小児慢性特定疾病情報センター