保護犬ミックスはOK、でも純血犬種はNG

文と写真:藤田りか子

イギリスで行う綿密な犬とのコンタクトによる猟がなければ、ゴールデンのあの明るくフレンドリーな気質はできなかったはずだ。[Photo by Franco Vannini]

犬種という文化遺産を守るというブログを以前発表したときに、読者の方からフィードバックをいくつかいただいた。その中で、土着の犬種を保護することと、無理な(不健康な)ブリーディングで成り立つ犬種の関連性について問われたことがあった。ある土地に昔から存在していた土着の犬種を保護することと、不健康な体型になるよう敢て選択しながら作り出すブリーディングは、2つの全く異なる行いだ。

だから犬種というと十把一絡げにして

「犬種は悪!犬種は贅沢品!犬種は人間のエゴ!」

とSNSなどで叫ばれているのを見るにつけ、犬種オタクの私としては「もうちょっと深く犬種を見てよ」とマッタをかけたくなる。犬種という概念そのものまで否定することないだろうに…。

ある犬種が生まれたその背景にかかわらず、全て「いけないものとして見なす」気風が存在することを知ったのは、いくつかの動物愛護団体に属している

【こちらは有料ブログです。続きを読むには「ログイン」して下さい。会員登録はこちら