ガンドッグ・トレーニングから学ぶ、家庭犬パピー・トレーニング、四角形メソッド

文と写真と動画:藤田りか子

アシカをガンドッグとしてトレーニングしてきた者として、私には一つの誇りがある。それは彼女なら社会のどこに出しても恥ずかしくない犬に仕上がっていると断言できること。落ち着いているし、勝手に動かない。つねに私と協調しようとする。たとえ戦争が起きてどこかに逃亡したり難民キャンプに放りこまれることになっても、アシカとは他人に迷惑をかけずに楽に生活ができると思う。そう、ガンドッグ・トレーニングをきちんと受けた犬ぐらい、社会にていっしょに暮らしやすい犬はいない。

ガンドッグのトレーニングというと、多くの人は「うちの子とは関係ない」と引いてしまう。けれども社会に順応したハーモニックな家庭犬になって欲しいと望むのであれば、ガンドッグ用のパピー・トレーニングを家庭犬しつけトレーニングに応用して絶対に損はない。ガンドッグに求められる技、つまり衝動抑制(インパルス・コントロール)や、飼い主への強いコンタクト、オビディエンス競技用ではない自然なヒールウォーク、などはまさに社会と調和した家庭犬に求められているものだからだ。

このトレーニングのさらなる長所は普通の家庭犬トレーニングに比べて、いろいろな仕掛けがありトレーニングが単調にならないこと。その仕掛けについて伝授するのが、今回のブログテーマでもある。これ

【こちらは有料ブログです。続きを読むには「ログイン」して下さい。会員登録はこちら