犬の権利 ―外でおしっこする― は守られるべきなのか?

文と写真:五十嵐廣幸

犬が歩みを止めて地面に釘付けになる。私たち人間には気がつかないなにかを見つけたのだ。黒く湿った鼻を地面に近づかせて情報を収集中だ。気が済むまで匂いの分析をしたあとは「上書き保存します」と言わんばかりに、オシッコを残して次の場所へと移動する。散歩コースが住宅街でも、森の中でも、川沿いの州立公園、巨大なドッグパークであっても彼女は同じように匂いを取り、オシッコ残していく。私はオーストラリアで毎日こんな風に犬と散歩を楽しんでいる。それが犬としての正常な行動であり、犬にはそれをする権利があるからだ。

散歩中の排泄は国際的動物福祉の基本とされている「5つの自由」の中にある「2.不快からの自由」「5.正常な行動を表現する自由」に触れると言っても過言ではないと思うのだが、東京都では散歩中に犬にオシッコをさせてはいけないらしい。

  • 散歩の前に、犬の排泄は、すませてからお願いいたします。
  • 散歩の際、フンの回収袋やオシッコの洗い流し用ペットボトルなど十分な量の水を持参しましょう。(水洗いのために、ペットボトル2本程度(約1リットル)を携帯しましょう。
  • やむを得ずオシッコをしたときは、すぐに十分な水で必ず洗い流しましょう。フンについては、自宅に持ちかえりをお願いいたします。

上記は東京都目黒区役所のHPに書かれているルールだが、東京都福祉保健局や他の多くの区役所でも上記とほぼ同様なことを示している。また一部の自治体では「犬は訓練をすれば、家の中で上手にトイレをすることができます。トイレのために犬の散歩に行くのでなく、家の中でトイレをしたご褒美に散歩に行くようにしましょう。」としている。

私の住むメルボルンではウンチを取らないことに対しては200ドル(約16,000円)の罰金が科せられる。しかし東京都のような「もしオシッコをしてしまったら水で流してください」「犬の排泄は散歩の前にすませてからお願いいたします」といったルールはなく、公園の芝生の上や電柱などにオシッコをしても怒る人は誰もいない。また家の前の歩道で排泄してもほとんどの人は気に留めることもない。

同じ犬という動物なのに。東京とメルボルンではなぜこんなにも人々の犬への扱いが違うのだろうか?

上の写真はメルボルンの都市部の歩道だ。歩道が二分化されているのが分かる。家や店側の歩道は車椅子でも動きやすいようにコンクリートやアスファルトでできていて、車道側半分は土や砂が敷かれていたり芝生が植えられたりしている。犬はこの土の部分を好んで匂いを嗅ぎ排泄をする。オシッコは土に染み込み微生物によって分解される。だからコンクリートやアスファルトの上のオシッコと比べて匂いや染みが残ることも少ない。また土の歩道があるおかげで、冬は底冷えすることも少ないし、夏は熱を長く持ち続けることもない。アスファルトやコンクリートよりも犬に優しいと言えるだろう。そしてなにより犬が直接土や砂、草花を感じられることは毎日の散歩を豊かにするはずだ。

散歩中の排泄行為、特にオシッコはマーキングに代表されるようテリトリーの維持や情報交換の意味をもち、犬にとって大事な行為の一つと言って間違いない。また多くの動物は自分の巣穴で排泄をしたがらない。排泄物の匂いから外敵に居場所を知らせてしまう可能性があるからだ。そう考えれば犬も巣穴である家の中で排泄するのは本望ではないと言えるだろう。そのような観点からも、上記の東京都の排泄のルールにある「散歩の前に犬の排泄は済ませること」や「犬は訓練をすれば、家の中で上手にトイレをすることができます」などは犬としての正常な行動をさせないような規則に思え、犬の排泄を人間の排泄と同じように老廃物を排出するだけの行為と考えてしまっているのではないかとも感じられる。

日本のマンションで飼われている犬は脱衣所などにトイレシートを敷いて、そこを排泄場所としていることが多いだろう。オーストラリアでも当然アパート(日本でいうマンション)で犬を飼っている人はいるが、トイレシートではなく、Wee patchと呼ばれる犬用のトイレをベランダに置いていることが多い。Wee patchはプラスティックでできたトレイの上に芝もしくは人工芝を乗せたもので、オシッコは芝を通って下部のトレイに集められる仕組みになっている。人工芝やトレイは定期的に洗えばくり返し使えてゴミがでない。また日本でいうトイレシートは、ここオーストラリアではトレーニングパットと呼ばれ、パピーのトイレ・トレーニングのアイテムでしかない。ただし、私の知る限り多くの飼い主はトレーニングパッドは使わず、子犬を毎回庭に連れて行き排泄をさせている。


Wee patch。

私の場合は、通常の排泄は朝晩の1時間半ずつの散歩でほとんど済ませてしまうが、水遊びの後や沢山水を飲んだ後などでも犬は自由に庭に出て排泄ができるようにしている。就寝中などに犬が排泄をしたくなったときには、玄関前や私の寝るベッドの横で鼻を鳴らして教えてくれるので、庭への扉を開けて犬がすっきりして戻ってくるのを待っていればよいだけだ。仕事中や留守のときは、犬はデイケアで過ごしているので好きなときに庭に行って排泄ができる。

またオーストラリアにはドッグカフェといった犬専用のカフェはないが、誰もがカフェやレストランに犬を連れて行きテラス席で食事をすることができる。このことは、お店に立ち寄る前に充分に犬の散歩をして排泄を済ませて粗相をさせないようにしたり、犬を適度に疲れさせたりして吠えさせないようするなど、多くの飼い主が努めた結果、人と犬が共通の場所で普通に過ごせる社会や文化として定着していったと言えるだろう。しかし、東京都の排泄のルールに従った犬の散歩をすると、犬は散歩中、常に排泄を我慢しなければならず、立ち寄ったカフェの中で粗相をしてしまう可能性が非常に高い。そうすると飼い主は余計に犬と行動がしづらくなることや、犬を散歩に連れて行く機会が減ることも予想される。東京都では犬を飼わない人が増えたり、犬と暮らしていても社会と別行動をとらざるを得ない特別な飼い方になってしまうのではないかと危惧している。

東京をキレイに保ちたいということも理解できる。しかし、そのために東京都で暮らす326,020頭の犬に(2017年度の東京都の犬の登録頭数)人間の都合だけに合わせた排泄を勧めることや、犬として必要な散歩を駆け引きに使うような飼育の手引きに私は強烈な違和感を覚える。もちろん、この排泄のルールを作ってしまった一つの要因として、飼い主として適切でない行動があったはずだろう。だからこれ以上東京都で犬が飼いづらくならないようにする必要があるのではないだろうか。飼い主はウンチを取るという最低限のマナーを守るだけでなく、そこに住む人たち、営業している店、そこを使用する人たちのこと、そして自宅での排泄や散歩での排泄のことをもう一度考える段階にきているのかもしれない。

東京都とメルボルンでは、人口だけでなく、土地の広さ、気候、文化、衛生面に対する価値観の違いもある。しかしそれらを含めて考えても、東京に暮らす犬だって散歩で排泄をする権利がある。現在の犬、未来の犬のためだけでなく、これからの飼い主のためにもメルボルンのような緑や土があるグリーンベルトの歩道を東京都に多く作ることが犬と人が共存できる解決策の一つになると考えている。

(自治体の記載文言は、各区のHPの表記を引用しています)

文・写真:五十嵐廣幸(いがらし ひろゆき)
オーストラリア在住ドッグライター。
メルボルンで「散歩をしながらのドッグトレーニング」を開催中。愛犬とSheep Herding ならぬDuck Herding(アヒル囲い)への挑戦を企んでいる。サザンオールスターズの大ファン。
ブログ;南半球 deシープドッグに育てるぞ