犬こそ!ルールあっての自由と遊び~子どもとの類似性

文:北條美紀


[Photo by
Mark Robinson]

先日、「ルールがあった方が、子どもが落ち着くのはどういう心理か?犬にも同じことが言えるのか?」という質問を受けた。確かに、自分なりに納得した一定のルールを持っている子どもの方が落ち着いている。

ルールである「しつけ」とは?

ここで言う「ルール」は、「しつけ」だと理解すると分かりやすいだろう。今更だが、「しつけ」とは、「人間社会における集団の規範・規律や礼儀作法などの慣習に合った立ち振る舞いができるようにする訓練のこと(Wikipedia)」である。しつけの対象には犬も含まれる。

ここで重要なのは、しつけた内容が訓練を受けた当人(犬)の中に

【こちらは有料ブログです。続きを読むには「ログイン」して下さい。会員登録はこちら