ガンドッグ・トレーニング:ストップシグナルを聞いてくれない〜!

文と写真と動画:藤田りか子

[Photo by Kim Wall]

ガンドッグ・トレーニングの中でももっとも大事な基礎技能の一つである「ストップシグナル」をこれまでに3回に亘って紹介をした。今回は読者の方からいただいた質問に対するプロブレム・シューティングを解説しよう。質問は以下の通り。

第1話から3話に書いてあることに沿って練習をしているのですが、距離がちょっと離れてしまうと犬がやっぱり止まってくれないのです。どうしたらいいのでしょうか…?

ストップシグナルをいくら基礎から練習していても、毎回パーフェクトに犬が行動してくれるとは限らない。何回か失敗をしているうちに悪い癖をつけてしまうことだってある。これまでの方法でうまくいかないのであれば、少しやり方を変えるのも手である。練習がパターン化していれば、悪い癖もパターン化してくる。すると新しいことがなかなか学習できない状況に陥ってしまう。

https://inuiwaku.net/?p=27859

https://inuiwaku.net/?p=28373

https://inuiwaku.net/?p=28383

練習方法

❶ まずは基礎の基礎ができているかテストをされたい。犬を座らせてまわりにトリーツを

【こちらは有料ブログです。続きを読むには「ログイン」して下さい。会員登録はこちら