イガゴロウとオーストラリアの遊快な仲間たち その1  

海洋哺乳類研究者及びドッグ・トレーナー、ホセ・ゴメスさんにインタビュー インタビュアー:五十嵐廣幸、写真提供:Jose Gomes 左がホ…【続きを読む】

「この子は私がいなければ何もできない」に見る共依存の関係

文:北條美紀 「あの飼い主は犬と共依存になっている」 そんなことを耳にしたら、皆さんはどう思うだろう?依存は良くないことだよな…【続きを読む】

咬む子犬を怖いと思ったときに…、これ読んでね

文:藤田りか子 ネットで「問題犬」というキーワードで検索をしていたら、咬む柴を持て余す家族の話を見つけた。その柴は成犬ではなく子犬。怖くて家…【続きを読む】

ボーノは日本一のマツタケ犬 ?!:マツタケ探知犬ハンドラーのジュンペーさんにインタビュー

インタビューと文:藤田りか子 写真&動画提供:矢野淳子 今回はおそらく日本一のマツタケ探知犬、ボーノそしてそのハンドラーのジュンペーさんについ…【続きを読む】

3Dプリントからも懸念される短頭種の脳の状態

文:尾形聡子 頭蓋骨とデジタルエンドキャストによる脳の再構築。左がチワワ、右がナポリタン・マスティフ。脳の大きさは体のサイズと比例して大きくな…【続きを読む】

ボーダー・コリーの性格は、加齢によってどう変わる?

文:尾形聡子 人と同じように、犬も時間の経過とともに性格が変化していきます。気質という遺伝的な部分は変化せずとも、性格は環境や経験などの…【続きを読む】

ガンドッグ・ファッションで悩む

文と写真:藤田りか子 ドッグスポーツの世界には不文律のドレスコードみたいなものが存在している。ドッグショーの女性ハンドラーがよく着ている膝上丈スカー…【続きを読む】

犬のトレーニング、テクニックだけに走りすぎていない?

文:藤田りか子 知人であるBさんが里親に出されたラブラドール・レトリーバーのネルソンを譲り受けることになった。彼は水鳥猟を始めるため…【続きを読む】

カワイイとかわいそう~憐みの気持ちと上から目線 メサイア・コンプレックスとは

文:北條美紀 仕事柄、言葉の使われ方や語感、話しているときの雰囲気などに敏感になりがちなところがある。どうしても引っかかってしまう言葉が…【続きを読む】

消防士たちのペットを通じた社会貢献

文:サニーカミヤ 出典:Australian Firefighters Calendar オーストラリアのニューサウスウェルズ消防局の消防…【続きを読む】

スウェーデンから – 里帰りは楽しいケネル・ミーティング

文と写真:藤田りか子 スウェーデンのブリーダーの多くは、子犬を引き取ってくれた飼い主といつまでもコンタクトを取り続ける。そして犬の成…【続きを読む】

シャム猫カラーの犬、初の遺伝子同定へ

文:尾形聡子 シャム猫に代表されるといっても過言ではない「ヒマラヤン・カラー」と呼ばれる毛色。毛色だけでなくブルーアイであることも特徴とされて…【続きを読む】

オス犬の排尿時の姿勢といえば片脚上げ。メジャーなのは右脚それとも左脚?

文:尾形聡子 オス犬のオシッコ姿勢といえば? 誰もが片脚を上げて揚々と放尿している姿を思い浮かべるものです。実際に街中でみるだけで…【続きを読む】

問題行動のある犬の飼い主は何をどう感じてる?

文:尾形聡子 日本やアメリカの犬の8割以上にひとつ以上の問題行動がみられるという報告があったのは去年のこと。程度の差こそあれ、犬の問題行…【続きを読む】

犬のプロの皆さん、心理カウンセリングセミナーをオンラインで開催します!

人気シリーズ「犬の飼い主心理学教室」では、カウンセラーならではの視点から考察し、今までにない気づきをもたらし続けてくれている臨床心理士・公認心…【続きを読む】