ブリーダー宅での生活環境の違いが与える、子犬の気質への影響

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 スロバキアの猟犬種、スロバキアン・ラフヘアード・ポインターの母と子たち。 8週齢で子犬を迎える場合、その子犬は社会化期といわれ…【続きを読む】

虐待繁殖について考える (3)

アルシャー京子アルシャー京子

文と写真:アルシャー京子 「ペットを繁殖のために選び出す者は、その動物の子孫および母親である動物の健康と福祉(ウェルフェア)を脅かすような解剖学…【続きを読む】

吠えろイガちゃん! -日本の犬世界を斬る

五十嵐廣幸五十嵐廣幸

文:五十嵐廣幸 2019年は、改正動物愛護法成立やペットとの同行避難など犬にまつわる様々なニュースがありました。2020年が犬たちにとっ…【続きを読む】

スポーツとしてのノーズワークで「環境強い犬」に育てる!

藤田りか子藤田りか子

文と写真:藤田りか子 足場の悪いところも平気でよじ登りにおいを探そうとする。身体の健全性が伴っているのも、実はノーズワークというスポーツには「込み」…【続きを読む】

虐待繁殖について考える (2)

アルシャー京子アルシャー京子

文と写真:アルシャー京子 「虐待」という言葉を聞くとただ暴力を振るって動物を痛めつけることばかりがイメージに浮かぶが、それよりも深刻なのはヒ…【続きを読む】

犬曰く購読会員、銀行振込も可能となりました!

アバターinuiwaku

楽しい&ためになる犬記事満載の犬曰く。本日から犬曰くの購読会員お支払いは、これまでのペイパルにくわえて銀行決済も可能となりました! 銀行決済…【続きを読む】

やはり繁殖は大事~イングリッシュ・セターの先天性難聴に関する研究より

尾形聡子尾形聡子

文:尾形聡子 犬の聴覚の状態についてふだん話題にすることはそれほど多くないものです。しかし、生まれながらにして聴覚が不自由な犬たちが存在…【続きを読む】

セミナー開催決定!「犬のプロの皆さん、飼い主さんとのコミュニケーションはうまくとれていますか?」

アバターinuiwaku

2019年9月に開催しました心理カウンセリングセミナー「プレミアムフライデー・ドッグプロのための飼い主心理を学ぶゆうべ」、大好評につき2回目を…【続きを読む】

皆さんのお気に入り記事は?アンケートへのご協力のお願い

アバターinuiwaku

犬曰くから読者の皆さんにお願いがあります。 犬曰くがオープンしてから2年半ほど。その間に約430本の記事を公開してきました。来年はよりい…【続きを読む】

保護犬ミックスはOK、でも純血犬種はNG

藤田りか子藤田りか子

文と写真:藤田りか子 イギリスで行う綿密な犬とのコンタクトによる猟がなければ、ゴールデンのあの明るくフレンドリーな気質はできなかったはずだ。 …【続きを読む】

新着ブログをメールでお知らせ!無料登録方法をご紹介

アバターinuiwaku

新しく記事が公開されると瞬時にメールでお知らせをお受け取りいただける機能を導入しました! お知らせメールはどなたでも無料でご利用いただけます…【続きを読む】

虐待繁殖について考える (1)

アルシャー京子アルシャー京子

文と写真:アルシャー京子 イエイヌの原型を留めるプリミティブ・ドッグのディンゴ。この形から犬はヒトの手によって多様に変化を遂げた。 かれこ…【続きを読む】

犬は自殺を思いとどまらせる存在となりうるか?

尾形聡子尾形聡子

文と写真:尾形聡子 犬曰くブログで何度か紹介している心理学者のハロルド・ハーツォグ氏のこちらの記事が目にとまった。「ペットの飼い主は自殺率が…【続きを読む】

ブリーダー曰く「こんな人には子犬を売りたくない」

藤田りか子藤田りか子

文:藤田りか子 少し前の話になるのだが、スウェーデンの優秀なブリーダーをいろいろな犬種にわたってずっと取材し続けていたことがあった。その中で…【続きを読む】

繁殖衛生という概念

アルシャー京子アルシャー京子

文と写真:アルシャー京子 大型犬だから寿命は短くても仕方がないのか? 犬を含む家畜の繁殖には、「繁殖衛生」という概念がある。 この言…【続きを読む】