タロハナ毛刈り紀行(後編)

文と写真:尾形聡子 最近のタロウのBefore&After。頭の一部を除いては、ほとんど3ミリの刃で毛刈している。 前回、丸刈りにして…【続きを読む】

ノーズワーク、北欧とアメリカ

文と写真:藤田りか子 ラッコ、アメリカとスウェーデンを嗅ぎ分けられるか?! 北欧の方法? ノーズワークには北欧のやり方とアメリカのやり方…【続きを読む】

タンパク質と犬 (2)

文と写真:アルシャー京子 体を守る「免疫」。それを全面的にバックアップするのはタンパク質である。 一般家庭で飼われている犬の食餌中のタ…【続きを読む】

優劣はもう使えない?遺伝の法則の用語が変わります

文:尾形聡子 こちらの写真、毛の色も長さも違うダックスフントが写っていますが、犬の毛がどのような色や長さになるかは遺伝子によって決め…【続きを読む】

犬専門用語を訳す難しさ

文と写真:藤田りか子 外国から入ってきた犬用語には、時に、日本語に訳しにくいものが幾つかある。これ、翻訳者泣かせ!ホント...。 「コンタクト…【続きを読む】

リーダーに続け!

文と写真:藤田りか子 ラッコが水しぶきを上げて湖の岩場を駆け抜ければ、アシカも負けじとついて行く!外に出すとアシカはついて行く犬、ラッコはひ…【続きを読む】

タロハナ毛刈り紀行(前編)

文と写真:尾形聡子 パピーコートをトリミングする前のタロウ。それなりに毛の癖は出ているが、まだまだウェービーな感じ。 ひと昔、いや、ふた昔…【続きを読む】

なぜ草を食べる?犬の問題行動?

文と写真:藤田りか子 アシカはよく草を食べる。以前飼っていたレオンベルガーのクマは滅多に食べず、食べた場合は、しばらくして吐いたものだ。アシ…【続きを読む】

犬が草を食べるのはなぜ?

文:尾形聡子 散歩中、愛犬が草をムシャムシャと食べることはありませんか?だいたいにおいて、細長く、葉脈が縦に伸びているような植物の葉を食べる…【続きを読む】

「犬はカウンセラー泣かせな生き物」~臨床心理士、北條美紀さんインタビュー(2)

文と写真:尾形聡子 犬はカウンセラーとしての資質を備えている生き物。そう話すのは、臨床心理士の北條美紀さん(website・Facebook…【続きを読む】

ノーズワーク・トレーニング(3)においの刷り込み完了!

文と写真と動画:藤田りか子 前回フラット・コーテッド・レトリーバーのトゥルーラは、ラインアップでのにおいなら簡単に嗅ぎあてた。さらにラインア…【続きを読む】

タンパク質と犬 (1)

文と写真:アルシャー京子 丈夫でたくましい体を作るのに欠かせないもの、それがタンパク質。 愛犬に健康で長生きしてもらいたいと願う気持ち…【続きを読む】

「犬たちは生まれながらにしてカウンセラーの資質をもっています」~臨床心理士、北條美紀さんインタビュー(1)

文と写真:尾形聡子 人と犬とに精神的な深い関わりがあることを、カウンセラーという仕事を通じて知ることになった北條美紀さん。臨床心理士の北條さ…【続きを読む】

アシカ、おませさん

文と写真:藤田りか子 パピー教室からの一シーン アシカはませたものだ。パピー教室で行ったエクササイズをどれもそつなくこなした。他のパピーに比べ…【続きを読む】

人と一緒に何かしたい!コンタクト欲の違いはオキシトシン感受性の違い

文:尾形聡子 幸せホルモンとして広く知られているオキシトシン。『見つめ合いとオキシトシンが人と犬の絆形成のカギに』でお伝えしましたが…【続きを読む】