長くても、短くてもいけない犬の爪

文と写真:アルシャー京子

犬をトリミングに出すとかならずといっていいほどセットで付いてくる「爪切り」。もしくは健康診断のときの「ついで」で獣医に任せる飼い主もいる。うちの犬の場合、洗い・爪切りは私の仕事である。

犬にとっての爪は(誰もが知っていると思うが)スパイクの役目を果たす。肉球を地面につけ、蹴り出して前に進むとき爪ががっちりと地面をとらえることで力が無駄なく使われるのだ。

テクテク歩きの時にはそんな風には見えないが、全速力で走り抜けて行った犬の足跡を見れば一目瞭然、肉球よりも深く地面に食い込んでいる爪の跡がみられる。

犬の爪はヒトの爪よりも伸びる速度は遅い。また普段充分な運動をしている犬や硬い地面の上を歩いている犬ならば自然と地面に擦れて削られてゆく。だから爪切りを必要とする場面というのは落葉の積み重なった山の地面や砂地、雪の上など、往々にして柔らかい地面を走っている犬あるいは運動量の足りない犬という事になる。

それでも毎月ほどもいちいち切らなくていいのが犬の爪。地面に触れる爪は前肢・後肢で異なってくるうえ、後肢の爪はほとんど切らなくても良いくらい常に短いのが普通だ。もしも健康な犬で毎回切らなければいけないほど後肢の爪が長いならば、ちょっと散歩ルートや生活を考え直した方がいい。

狼爪(ろうそう、犬の前肢あるいは後肢の内側上部についている小さな指の爪)は他の爪よりもテキメンに早く伸び、しかも指へ食いこむように丸く伸びるので、見落としてはいけないポイントの一つである。

爪(狼爪を除く)が長すぎると爪先が地面に触れ、足の指が押し上げられて体の不安定さを引き起こす。それにより四肢の骨格のバランスをも崩してしまう。毎日野山を駆け回るならそれでも少々長めの爪でちょうど良いのだけど、もし「アスファルトの上の散歩ばかりなのに爪の伸びが早い」というのなら、その犬にとっての適切な運動量はもっと多めのはずだ。

とまあ、たしかに「長い爪は怠けの証」として立派な飼い主ならば避けたいところだが、その反動か、一度爪を切るとなると「できるだけ短くしたい」と思う飼い主も多い。たしかに気持ちはワカランでもない、しかし犬の爪切りは「行き届いた手入れのため」ではなく、むしろ爪切り頻度が高いならば上記のような「磨り減らない爪の原因」について考えるべきだろう。

スパイクとして犬の足に欠かせない爪、雪上などの柔らかい地面を走るときには少々長めの方が安定している。

切るなら適度に

爪切りの目安は「犬が立ったときに爪先と地面の間に1-3mm程度の隙間があること」。けっして切りすぎてはいけない、ヒトの爪だって深爪すると良いことはないのと同じ、出血するほどなんてもってのほかだ。血が出るほど切ってしまうと、例え血が止まってもそこから雑菌が進入し二次感染の原因となることが多い。下手すると患部が炎症を起こし膿が溜まって切開あるいは切除しなければいけない事態にも繋がる。それよりなにより、痛い。

爪を切り過ぎる場合だけでなく、アスファルトなどの固い地面での過剰な運動も爪をすり減らし過ぎて傷となる。爪だけじゃない、肉球だって傷むし、見えないけれど足にとっても良くない。だから爪の状態をシグナルとして受け止めることが大事だ。

犬の爪切りバサミ

爪の傷口といえば深爪以外にも割れ爪もあり、特にダックスフントではどうしたことか爪が割れやすい個体が多い。それだけに定期的なチェックと爪切り道具にも質の良いもの(切り口がシャープなもの)を選び、割れ爪の原因を作らないように切り口表面を削ってなだらかに仕上げる必要がある。

健康な爪のために亜鉛やL-システィン(アミノ酸)、γーリノレン酸(オメガ6不飽和脂肪酸)といった爪への栄養サプリを試すのもいいだろう。健康な体は足元から、これはヒトと同じなのだ。

(本記事はdog actuallyにて2010年2月5日に初出したものをそのまま公開しています)

【関連記事】

爪切り、大嫌い!
文と写真:藤田りか子 爪切りが大嫌いな犬は少なくない。たとえ小さい時から慣らされていても、嫌いなものは嫌い、と絶対に慣れない犬もいる。さて、爪切り嫌いな...
犬の爪切りは装蹄師スタイルで解決!
文と写真:藤田りか子 今度こそ、爪切りがうまくいった!それも装蹄師のスタイルからヒントを得た。 前回からの続きである。 ラッコの長く伸びた黒い爪を見なが...
犬の爪切りもテクノロジー、電動爪ヤスリを使うトレーニング
文と写真 藤田りか子 電動に変えた! ラッコの爪切りの奮闘記をこれまで2回(第1話 第2話)にわたって紹介した。エピソードはちょうど2年前のことなのだ...