シリアスブリーダーだけでは犬種の健全性は守られない

文:藤田りか子

シュナウザーのパピー![Photo by Rikako Fujita]

パピーミルを運営する無責任なブリーダーと対比させて「シリアスブリーダー」という言葉を最近聞くようになった。とはいえ、シリアスブリーダーが犬種の健全性をすべて解決してくれる担い手になるのだろうか?たとえば、もしそのブリーダーが他のブリーダーや国外のブリーダーと連携を取らずに、個人で孤立してブリーディングを行っているのであれば、その「シリアスぶり」を十分に疑っていいだろう。

なぜなら孤立した状態では健全な犬種ブリーディングを成就させることはできないからだ。健全性を維持するには犬種全体における遺伝子の多様性が必要であり、遺伝子の

【こちらは有料記事です】

続きを読むには「ログイン」して下さい。

ご購読いただくと続きをご覧いただけます。

今すぐ会員登録して続きを読む