「うるさい子犬」にくわばら、くわばら

文と写真:藤田りか子

【Photo by tunaboat

子犬も8週齢にもなれば、「遊び」マシーンと化す。同胎の兄弟姉妹同士で取っ組み合い、追いかけっこ、噛んだり噛まれたり、そんなことを何週間か繰り返してきたわけだから、遊びはいわば子犬にとっての「仕事」でもある。そして兄弟姉妹から離され、いざ新しい家にやってくれば、子犬は当然「遊びたい」欲をどこかに向けるはずだ。新しい家庭に先住犬がいれば、まさにその格好のターゲットとなる。耳を引っ張ったり、ジャンプをしたり、時には正面から「ワンワン!」と吠えてみたり。

だが大抵の成犬は子犬の参入を温かくは歓迎しない。慣れるまでに数日から数週間かかることもある。いや、その新参者を一生好きになれない犬だっている。というわけで、遊びがいくら「子犬」の自然とは言え、我々は責任ある飼い主として先住犬の「平和」を確保するために配慮する必要もある。その折り合いの付け方については以前「先住犬に認めてもらう」という記事に綴った。

とは言っても成犬の出している「いやだ」のシグナルに飼い主が気がつかないこともままあるようだ。「成犬と子犬は仲良く」という理想のイメージに我々はどうしても囚われてしまうからなのだろう。でもそれでは先住犬を救えない。

そこで以下の動画を見て、成犬が発してる言葉の読解力を試されたい。

【こちらは有料ブログです。続きを読むには「ログイン」して下さい。会員登録はこちら